2007年06月16日

Vivids 初ライブ

鹿児島でキャンペーンやってきました。
15日の午後、羽田空港でお弁当を買うところから始まります。

最近一番好きな空弁(そらべん)は寿司岩の穴子弁当(1380円)で、これがないなら昼食は抜くというパターンが定着している。機内でコーラを飲んでお腹がふくれたので楽しみは後にとっておく事にした。

空港に鹿児島(霧島市)在住のジミー入枝が迎えに来てくれていた。鹿児島空港は市内から離れているが、久しぶりの全員集合に話がはずみ、あっと言う間に市内の「フレンズFM」というタウンFM局についた。挨拶もそこそこに僕は羽田から持って来たお弁当をオープンした。「穴子弁当、発進!!」

それから「Jimmy and the Vivids」のPRで生出演させて頂いた。一度ジミーのラジオ聞いてみたいと願っていたのだが、いきなりの共演だった。普段と変わらぬ美しい鹿児島弁に感動した。ごく短い打ち合わせの後、生放送に突入したが、ジミーと初めて会ったのは指宿(いぶすき)のいわさきホテルだったよね、なんて話をしたら女性パーソナリティーの方が「あっ、うちのスポンサーなんで良かったら連呼して下さぁい。」みたいなノリで楽しく進行して下さった。プロだなぁ。

夜は打ち合わせを兼ねて、鹿児島イチの繁華街「天文館」へ繰り出すものの、金曜の夜だけあって僕が知ってる安くて美味しい店はどこも満席だった。知らない居酒屋にはいった。予約しておけば良かった…。しーんとした店内で静かに語り合えたから、ナニが美味しいとかいうのは置いといて正しい選択だったのかも…

そして今日16日のHMVアミュプラザでのステージは、地元で頑張るジミーを応援して下さるお客様に支えられて無事終了。バスで空港へ。黒豚とんかつ定食を食べ(朝からドーナツ1個で意識朦朧としてました)、なぜか熊本名物「からしレンコン」を買い帰宅。
ライブの詳細についてはまた明日書きます。
ありがとうございました。

2007年06月15日

うなってなんかいません

居酒屋で盛り上がる話を何度か書いている。
周りが賑やかすぎると僕の声は低すぎて1メートル以上離れると、グフグフ唸っているようにしか聞こえないらしい。密談には向いているかもしれないが…。
でも聞き慣れている仕事仲間は脳に回路が出来ているためか、悪条件でも聞き取ってくれたりしてなんか嬉しい。

あと階段の踊り場ではその残響のため会話は苦しいし、温泉の大浴場では響きすぎて会話は不可能だ。子供の頃からこんな生活だったから、普段は本当に無口だ。

そうそう飛行機でドリンクサービスのときも、特に滑舌に気を付けて「コーヒーお願いします。」というのだが、お姉さんの想定外の方面から声が聞こえるらしく、いつも「エッ」と言われてしまう。そして小さくキズつきながらコーヒーを飲んでいる。今日も鹿児島行きに乗るんだけどお願いしますねー。

鹿児島ではJimmy and the Vividsのキャンペーンで、FMの生放送と16日にはHMVでライブをやらせて頂く事になっている。13時と15時の2回です。お近くにお住まいの方は、是非お越し下さい。

久しぶりの鹿児島、東洋のナポリと賞される美しいところだ。天文館もオレ( レは巻き舌で!演歌っぽくお願いします)を待ってるぜー。失礼しましたぁ。

2007年06月13日

再会(って程でもないけど)

きのうは昼間、ちょっとした撮影があったのだが、夕方時間が空いたので椎名町(池袋から西武線で1つ目の駅)を散策してみた。かなり歩いてからネコのいる八百屋さんでトマトを買った。お母さんがネコを紹介してくれたので、1山6個で150円(安い!)のを買うつもりが3個500円のに変更した。ネコチャージも払わなくちゃね。
ウチのベランダで水耕栽培してるトマトは、まだまだ掛かりそうだなぁ。

異様に賑やかな「北の誉」という居酒屋を覗いてみたら満席だったので、更に30分ほど歩いて再チャレンジ。運良く最奥のテーブルが空いたところだった。1時間半いたが、ずっと満席だった。今日はあれこれ書かないがグッとくる居酒屋だった。また行きたい。

そろそろ帰ろうかなと思ってたらミュージシャンっぽい人たちが入ってきた。その中に大学時代のサックスの同級生がいた。上石神井の寮で4年間一緒だった友人だ。軽く近況を語り合ったが、たくさん仕事してるみたいでうらやましい、じゃなくて、嬉しかった。ちゃっかり今日発売の「Jimmy and the Vivids」のチラシも渡してしまった。ありがとうペコ(^o^)

2007年06月11日

四十の手習い

今日はどこそこで歌ったっていう話、最近書いてないけど、あんまり仕事してないの?というご心配の声を頂いた。「はい、そうなんです!何でもやりますから(低い声を出すだけだが)よろしくお願いします。」と答えておいた。
ブログ上で仕事の内容を100%書いてる訳じゃなくて、守秘義務のある仕事も結構あるし、ベースボーカルをやってみたいという人にボイストレーニングしてる事は書いてないし…うーんでもちょっと最近ヒマだったかなぁ(涙)。

ウチにいるとトイレ掃除に風呂掃除、植木の水やり、楽譜書いたり、デモ作ったり、練習したりで、することはいくらでもある。
たまたま水戸黄門を観てゴロゴロしてる時間もある。そういえば水戸黄門の主題歌って、今は結構高いキーだけど昔は低かったよね御同輩!僕は10歳で声変わりしてたから、軽く歌ってた(変な小学生)。

こんな事、昼間に書いてる位だから今日は休みだ。今年初めてのバイオリンのレッスンに行ってきた。正真正銘「四十の手習い」で始めたが練習してないから全然上達しない。先生ごめんなさい。地元新潟のアマチュアオーケストラでブラームスのシンフォニーを弾くのが目標なんですけど…(還暦までに)

ところで明後日は新ユニット「Jimmy and the Vivids」デビューCD発売です。ヒット祈願!!です。

2007年06月05日

Jimmy and the Vivids

6月13日に新ユニット「Jimmy and the Vivids」がCDデビューします。5月7日の日記にも書いたジミー入枝と1998年にキングトーンズに2ndテナーで加入した川島豊と僕の3人組です。
5曲入りのミニアルバム「ブギウギトレイン」は2曲のオリジナルと3曲のカバーを含みます。僕はひくーい声と、ところどころファルセットを駆使してコーラスやってます。コーラスアレンジもやってます。2003年頃からいつかはやろうと話してたんですが、やっと形にすることが出来ました。

普段ジミーは鹿児島ベースで、川島はシャンソン歌手としても活躍中でしばらくは勉強のためにパリと東京を行ったり来たり(あっ僕は東京でいつも低い声出してますよ(^_^)v)だけど、この新ユニットはぎゅっと集まって大事にやっていきたいと思います。収録曲以外にもアカペラのレパートリーなんかも色々あるんですよ!!

「Jimmy and the Vivids」はその母体とも言える「ザ キングトーンズ」と共にフジロックフェスティバルに出演します。7月29日です。