2009年04月27日

ふられても…

今年のGWはコンサートも無く、スタジオワークもほとんど無かったからかなりのんびり出来ました。部屋に籠もって練習三昧でした(嘘つき!)。

夜9時頃、居酒屋気分になったので池袋の「ゑび車」を訪ねるもお休み。焼きとんの名店「千登利」に入った。シロ、ナンコツ、カシラ、カモでエビス瓶ビールを2本飲み、サッと引き上げた。こんな晩も幸せ。

SANY0883Yude-R_R.jpg

帰宅して落花生の塩茹でをつまみにもう少しビールを飲みました。
23:55 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月26日

ふさわしい話

ありがとうございます。おかげさまで当ブログは今日から3年目に入りました。

2007年の4月26日から書いている訳ですが、音楽系ブログですと連呼しながらも読み返してみると第一話が広島のディープな鉄板焼の店「なかちゃん」に行った話だったりして、複雑な心境です。

4月13日にHow great thou art(輝く日を仰ぐとき 聖歌480番)を歌ってアップしたとき、これは「アメイジング・グレイス(Amazing grace)」と同じくらいアメリカでは愛されている曲ですって書きました。じゃあ次は「アメイジング・グレイス」だって事で歌ってみたんですけど、まだキーに迷いがあるのでしっくりくるところを見つけたら貼ります。おそらく地を這うようなキーに落ち着くでしょう(笑)。

この曲の作詞者はジョン・ニュートンという18世紀のイギリスの牧師ですが若い頃は奴隷貿易に従事した男だそうな。

私事ですが、奴隷!といえばつい思い出してしまう情けない話があります。

35年前、両親と3人で初めて見た映画は東映まんがまつり系…だったらとってもハピーなんだけど、残念ながらヤコペッティの「世界残酷物語」と「残酷大陸」の豪華2本立てだった。前者は原題MONDO CANE(犬の世界)といって、今見たら何て事ない決定的瞬間特集みたいな内容だがそれでも10歳の子供には十分な刺激があったと思う。

問題は後者(原題ADDIO ZIO TOM(さよならアンクルトム))で、黒人奴隷虐待シーンのオンパレードで今ならフィクションって分かるけど、父に「これって現実なの?」って尋ねたら、うんと低い声で「そうだよ♪(ニヤリ)」って答えた。

映画館を出て呆然としている僕を見て母が「勇にはまだ早かったかしらねぇ?」と笑っていたのも懐かしい…。

少し早かったと思いますよ(-_-)。

当時だって絶対成人指定の映画だったはず。おかげでしばらく悪夢を見続けて、夜中に飛び起きたりしたし、頑張ってもどーせ死ぬんだっていう厭世観に苛まれたりもした。今でもあの映像の一部がフラッシュバックする事がある。

大人になってからこのヤコペッティの残酷シリーズを見直してみたけど全然恐くない。でもなぜか「残酷大陸」だけ見てない。アマゾンでDVD発見しちゃったんだけど買ってトラウマを解消すべきでしょうか…

余談だけど妹は小学生の時、「食人族」を両親と見たらしい。この間その話をしたら人格形成に少なからず影響を及ぼしていると思うって言ってた。

ウチの親、情操教育って言葉知ってるかなぁ?それともこれこそが石塚家の情操教育なのか。

両親と映画館に行ったのは結局この1回だけ。東映まんがまつりは祖母(故人)が連れて行ってくれた。

で、「アメイジング・グレイス」の歌詞は…
時間が来ちゃいましたので歌をアップするときに改めてm(_ _)m

3年目突入にふさわしい話を書こうと思いましたが無理でしたね。トラウマのせいですね(笑)。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月25日

影響で天丼

夕方テレビのニュースを見ていると、特集!とかいって激安店やデカ盛り、絶品ランチ…なんてよく紹介している。

でっかい茶筒みたいなかき揚げ天丼を見てしまったものだから、今日の献立が決まってしまった。素直なので(笑)影響受けやすくていかんなぁ。桜エビ入りペペロンチーノの予定だったのに…

SANY0877Kakiage_R.jpg    SANY0882takenoko_R.jpg
タマネギ、ゴボウ、甘エビ、スルメイカのかき揚げ。
こんがりキツネ色の2枚は明日のつまみです。
SANY0878Tendon_R.jpg

なめこ汁を添えて完成。昨日に引き続き休肝日です。




23:55 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月23日

何か一杯

ビールを美味く味わう為に午後から目一杯練習して話すのも辛い状態になってから江古田の越後料理の居酒屋に行ってきました。

お通しはタケノコ煮、行者ニンニクと牛肉のぬたの2種。ホウボウの昆布〆、小鯛の酢漬けでゆっくりのんでいるとカウンターの奥にいた常連の紳士がご機嫌で、お店のママに千円札を渡しながら、こちらの青年に何か一杯プレゼントさせてと仰って帰られた。

お気持ちだけありがたく頂戴したのだが、なんだか調子が出てきて結構飲んでしまった。

僕は自分から知らない人に話しかける事はまずないけど、話しかけられる事は多い。気がつけば、もう一人の3つ年上のご常連と、初めて入ったという若いご夫婦(ガンガン飲んでた!)とも大声で喋っていた。

お店の看板は常連だった漫画家の石ノ森章太郎先生がデザインしたものと聞いて驚いた。そういわれてみれば店内には他にも漫画家のサインやイラストがさりげなく飾られていた。

時計をみれば4時間経っていた。来週木曜日の7時15分にまた来ますといって店を後にした。

SANY0873Yasai_R.jpg左が生の落花生!

お土産にした大きなおにぎりはとっても美味しくて、家で再びビールを…。ホタテ貝のヒモの塩辛とアサリの佃煮、ウチで炒った落花生もグッときました。

そういえば昔、千葉に仕事にいったとき、移動のバスの中からたわわに実った落花生畑が見えましたって言ってウケている司会者がいたなぁ。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月22日

初もの

よく行く農家の直売所のお母さんは茨城のご出身だそうで、きょうは茨城から来た朝穫りの立派なタケノコが並んでいた。

お店では何度か頂いていたけど、ウチで煮るのは今年初めてだ。まあ年に1,2度ですけどね。高いお店に行けば1543年に鉄砲(火縄銃)が伝来したといわれる鹿児島県の種子島から空輸したタケノコの初物が2月に食べられる。

SANY0870takenoko_R.jpg    

今日は2キロ程の上物を分けて頂いてさっそく茹でた。生でちょっと囓ったらアクが少ないみたいなので糠は入れなかった。

タケノコご飯、若竹煮、天ぷら、炒め物と妄想しているところに宴会のお誘いがあって、そのまま迷わず新宿に飲みに出掛けてしまいましたとさ。

健康的な一日が急転直下となりました(大汗)。
23:59 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月19日

波?

自宅で摂取するアルコール飲料としてビールは欠かせないものだが、その次にくるものは、ある周期で変わっているようだ。

このところ酒に進む周期だったのが急に「ワイン」という声が聞こえ(汗)久しぶりの開栓!

SANY0867wine_R.jpg

スパークリング系の在庫が多いのに気がついて、ちょっとやる気が出てきました(笑)
23:55 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月18日

十日前に…

初めて入った江古田の越後料理の居酒屋が気に入って再訪してしまいました。

カウンターに座り生ビール。お通しは煮アワビとキャラブキ(ちょっと淡い色の)。味噌で炊いたキモがたまらない。それだけでグッと掴まれてしまい、サザエ刺身、山菜天ぷら、白菜漬け等をお願いしてゆっくり飲んだ。

ママさん一人だから客が10人もいたら大変だろうなぁ。生ビールを自分で注いでる女性もいた(^^)

前回もいらっしゃった常連の役者さん達が、僕の声を憶えていて声を掛けて下さった。お勤めの人には見えないけどお仕事は…?と聞かれたので、音楽関係ですとだけ答えて名乗るのをうっかり忘れてしまった。失礼致しました。

また行きますm(_ _)m
23:55 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月17日

みちのくの都

世田谷美術館の特別展「平泉」を見に行ってきました。

SANY0847setagaya01_R.jpg     SANY0845setagaya02_R.jpg

大学が上野公園にあったので上野の美術館と博物館に足繁く通い、卒業後はヨーロッパ各地の美術館を精力的にまわったりしていた時期もあった。このところ低調で東京という恵まれた都市に暮らしながらも何年か振りの美術館だった。

学校といえば、動物園のライオンのオリと美術学部の校舎が隣接というか密着してて、動物園側から見ると、ライオンから数メートルっていう距離の教室に「ヒト」って書かれた看板が掛けてあったのが懐かしい。すぐそばにライオンがいるなんて動物好きにはたまらない学習環境だ。あの看板まだあるのかなぁ?

SANY0854himeringo_R.jpg     SANY0862tulip_R.jpg


砧公園の桜は、辛くも八重が残っているといったところだが、姫リンゴ、チューリップが美しかった。車じゃなかったらここでちょっと飲みたい気分だった。

平泉は11世紀末から12世紀にかけての約100年間、奥州藤原氏によって栄華を極めた「みちのくの都」です。とチラシを読んでちょっとおさらい。

岩手に行かなくても、近場で中尊寺金色堂西北壇の仏像11体がみられるというので、これはもう行かなくちゃと思っていた。

仏像だけでなく、教典、螺鈿や漆を施した宝物の数々に圧倒された。これ欲しいっ!て思ったくらい惹かれた掛け軸もありましたよ。

SANY0843setagaya03_R.jpg模型です

平泉っていえばゴールドっていうイメージだったけど、ゴージャスなだけではなく相当渋くて奥の深い仏教遺産なのでした。

近場で見られて得だなぁなんて考えていたけど、いつか現地にも足を運んでみたいという気持ちになってしまいました。

神社仏閣巡りが特に好きって方じゃないのですけどね…(^_^;)

秋にはオルセー美術館展があるらしい。これも行かなくちゃ、でしょう!

23:55 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月12日

家飲み

先輩オクタビストの鈴木雪夫さんを拙宅にお招きしました。

正月に江古田の喫茶店で話した時に、春先に宴会でも…なんて言ってたのが実現したものだ。

前回は2人とも低すぎる声なので盛り上がらないねーなんて笑っていたから、今回は声の高い楽しい人がいた方がいいだろうと鈴木さんが仰って、後輩のテノール歌手夫妻とソプラノ歌手の義姉が来てくれたから音楽的?にはバランスが良くなった。

後輩の志村君はご夫婦で老舗プロ合唱団のメンバーだがアニソンが好きで好きでスキで芸大に入ったというから面白い。

そして鈴木さんはブレッスンフォー(アニソンやCMソングに引っ張りだこだった)というコーラスグループのベースヴォーカルだった人だから志村君にとってリスペクトしてやまない人でもあるのだ。

実は昨日の宴会で飲み過ぎたのか、2軒目で冷風にあたり過ぎたせいかは分からないが、明け方気分が悪くなって目が覚めてしまった。今日は大切な家飲み(ホームパーティーなんてもんじゃありません)なので何とか元気になれますように…とすごーく久しぶりに神様にお願いして昼近くまで寝たら回復していました。感謝します<(_ _)>

掃除してから買い出しに出掛け、カツオ刺身、ステーキ、分葱ぬた、ローストチキン、手打ちピッツァ、新潟のお雑煮、イカリング、甘エビ唐揚げなど十数種の支離滅裂なつまみを作り皆様の終電まで盛り上がりました。

高い声がキツくて仕事で苦労した事や、高い声を出して歌ってる夢を昔はよく見て、目覚めてガッカリしたなんて話をしてたら大笑いされたけどこっちは真剣(マジ)だったんですよ〜(^_^;)

皆様、お土産をたくさんありがとうございました。

23:55 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月11日

森下の山利喜

高校時代の部活(オーケストラ)の集まりで江東区は森下の山利喜という居酒屋に行ってきました。

かねてより一度は訪ねてみたいと思っていたお店だったけど自宅から遠いのでなんとなく機会がなかった。

土曜日は予約がきかないので開店1時間前から4人で並んだ。居酒屋に入るために行列したのは初めてだ。でも3大煮込みといわれるここの煮込みを食べられるなら仕方がない。

SANY0830Yamariki_R.jpg    SANY0832Nikomi_R.jpg

SANY0836Sake01_R.jpg    SANY0838Yakiton_R.jpg

SANY0839Teli_R.jpg

夕方の5時少し前に生ビールで乾杯!まだ明るい。お通しのひじきが本日初の固形食だった。キクー!

赤ワインで煮込んだ風の煮込みにはガーリックトーストを添えるのがここのならわし。やきとん、テリーヌ、生ハムとどれも美味しく、5人でガンガン飲みました。それもワインと酒をちゃんぽんで…みんな強いなぁ。酒は静岡の磯自慢をメインに飲んだけど、長野県の小布施のワイナリーで作っている純米吟醸酒を頼んだらワインが入っているとしか思えないようなビンで出てきた。僕は小布施といえば栗落雁を真っ先に連想しちゃいますけどね。

次回はリドヴォーの串かつをきっと食べるぞ!

2次会で飲んだホッピー分は飲みすぎだったかもと反省しています。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月09日

連チャンです(汗)

1983年から通っている高田馬場のイタリア料理「タベルナ」に行ってきました。長く通っていると言っても何年も行かないときもあったりして、トータルの来店数は数十回だと思う。

3人でそれぞれ3種類の前菜を選んだから9品を目の前にしてイタリアビールを注文した。

SANY0828Antip02_R.jpg    SANY0827Antip01_R.jpg

SANY0829Antip03_R.jpg

更に生ハムやらピッツァやらを頼み、チリのシャブリを飲んだ。イタリアワインだけじゃなくて手頃で飲みやすいワインを置いているのも嬉しい。

昔からのベテラン給仕さんから、昨夜の懐メロ系の特番にお出になっているかと思って見ていましたが…といわれたけど、すみません、江古田でトリ貝食べていました(笑)。

ここのピッツァが大好きで、時々イメージしながら生地を打つのだがなかなか近づけなくて悩みます。この頃はテイクアウトも出来るからあきらめて買って帰ろかな!
23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月08日

リピートリピート(^_^;)

昨日で8日間の劇場公演の仕事が終わり一段落。雑用をこなし花見がてら散歩に出掛けた。江古田で前から気になっていた越後料理の小さな居酒屋に、逡巡しながらビール一杯だけ!と入ってみた。明日はイタリア料理の宴会があるから今日は当然粗食でなくちゃあいけないでしょう…。

お通しの田芹のごま和えとふきのとうでグッと掴まれてしまい、こちの刺身、トリ貝、桜の葉を練り込んだ春コロッケ、自家製の白菜漬け(大盛り)、鰯の丸干し、ホヤ塩辛に舌鼓を打ちながら「ビール一杯だけ!」を3回リピートしてしまいました。あっ酒の品揃えも新潟の純米酒のみとなかなかでしたよ。

SANY0825トリ貝_R.jpg貝好きです

噂通りの良い店で何を頼んでも美味しくてつい予定をオーバーしてしまった。明日はその分控えめ行こう…なんて思っているんですけどね。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月04日

煮こごり

久しぶりに「今日は疲れたーっ」てくらい仕事して夜9時前に近所のおでん屋「五鉄」に行きました。

お通しの煮こごりでビールをゆっくり飲んでいるうちに何とか元気が出てきた。気がつくと土曜日なのに店内が空いてる。煮こごりがグッとくる美味しさだったので、お通しアンコールしてもいい?って店長に聞いたら、どうぞどうぞ、土曜だからたくさん作っちゃったんですよって気前よく切ってくれた。

でもその15分後にはグループが2組きて補助席を出す賑わいになりました。めでたしめでたし。

駅の遊歩道の夜桜を眺めつつ、なじみの地域ネコに挨拶して帰宅。風呂上がりに再びビールをキメた事は言うまでもありません。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月29日

花見

浦和で花見の予定だったけど、肝心の桜がまだ咲いていないのでフツーの宴会に変更になった。

会場は僕とキングトーンズを結びつけてくれたヴォイスフィールド代表の市之瀬さんのお宅。集まったのは男性ヴォーカリストが中心。ジャズピアニストの佐山雅弘さんもいらっしゃっていて、10年振りですねーなんて挨拶をした。僕は20代の頃、彼のジャズピアノの教則ビデオを買った事があったので、いわば心の師匠だ。サインして下さいなんて言って笑いあった。

宴たけなわで佐山さんは、んじゃ低い声でなんか歌ってもらおかー(関西弁)とおっしゃって「What a wonderful world」を伴奏して下さった。酔っぱらいですみませんというと、お互い様やでーなんて感じで。でもその後、彼が弾き語った「すみません」と「禁煙の歌」が圧巻で録音してこなかったのが悔やまれる。

また遊んで下さいねーと握手して別れたが、次回も歌って欲しいなー。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月27日

お買い物

錦糸町にグラスを買いに出掛けた。

先日、大好きな木勝のグラスを1個割ってしまったので薄手のビヤグラスを欲しかったところに松徳硝子のガレージセールの情報が入ってきたからだ。

松徳硝子は元々は電球用ガラスメーカーだった。そのノウハウを活かして「うすはりグラス」を完成させました。とHPに書いてある。

アウトレット品ということで市価より安かったので各種合計20個ほど求めた。この話は使ってみてからまた書きますね。

帰りに駅近くの義純という寿司屋に入ってみた。ちらしと穴子丼を頼み、とても美味しかった。大きな茶碗蒸し、ポテトサラダ(まかないですけど…って言ってた)、しじみ汁もナイスでした。ランチタイム過ぎてたのにランチ値段でいいよって…優しいです。

錦糸町って吉幾三さんにバッタリ会いそうな気がする街だ。

SANY0815セキネ_R.jpg

さらに散策していたら前にテレビで見た事のあるレコード店を偶然見つけた。演歌専門といってもよいほど演歌に力を入れているお店で、北島ファミリーの写真がそこら中に貼ってある。大型新人の大江裕さんも来店予定って書いてあるし…

あっという間に夕方になってしまい帰宅。3年振りに歩いた錦糸町、なかなか奥深いところでした。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月26日

ゑび車、再訪

池袋の居酒屋、えび車を再訪しました。

SANY0810Sashimi_R.jpg    SANY0811マナガツオ_R.jpg

SANY0812卵焼き_R.jpg    SANY0813鮟鱇_R.jpg

刺盛りは、メダイ、ホウボウ、マトウダイ、ハタ、クロソイ、シマアジが三切れずつで2000円。3人でいったからベストな選択だと思う。旨みのある白身は酒に良く合う。

マナガツオを食べたのは何年か振りだったけど、中骨まで食べられる唐揚げは絶品!鰹っていうより小さなマンボウみたいな形の魚で今日頂いたのは体長25センチ位だった。

だしの効いたタマネギ入りの卵焼きで更に酒を飲み、勧められるままに鮟鱇鍋を注文した。もちろん雑炊までいってしまいました。この写真で一人前!

鮟鱇ってけっこう俳句にも詠まれていて、吊し切りの様子から「鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる(加藤楸邨)」とか、「イエスより軽く鮟鱇を吊りさげる(有馬朗人)」はとても有名。でも後者は教科書には載ってなかった気がする。あっ、飲みながらこんな話は勿論しませんよ。分かり易くて笑える話が一番です。

気がつけば秋田の純米酒を一升飲んでいた(3人で)。他にも気になる肴が幾つもあったのでまたお邪魔します。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月16日

おまけの

地方から帰り、農家に野菜を買いに出掛けた。最近は生のカブに味噌を付けて食べるが好きなのでまずカブを手に取って、ニンジン、大根などをちょうど千円になるように頼んだら、今取ったばかりのタマネギの間引いたやつだよって(ワケギの事だが)、直売所のお母さんはスーパーで買ったら300円はするワケギをオマケしてくれた。アイラブユー!

SANY0807_R.jpg    SANY0806_R.jpg

SANY0808_R.jpg

ワケギはぬたと決まっているのだが、卵とじもいい。でも冷凍の甘エビをさっと湯にくぐらせて、やっぱりぬたにした。久しぶりにピッツァの生地を打つ気になり、葱の青い(正確には緑色だが)部分を山ほど乗っけて葱ピッツァを作り、ブロッコリーは茹でただけ、菜の花は芥子和えと簡単野菜料理で気分転換の一日でした。
23:55 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月14日

漁夫の利?

前にも書いたが、このところ新千歳空港では生キャラメルをゲットするための行列がすごい。

行列するのはあんまり得意じゃないので普通に買えるようになったら買ってみたいって、これも前に書いたかも…

自分が食べるためにお土産?をときどき買う。今回はちょっと贅沢にタラバ蟹でご飯を巻いた寿司を買ってみた。
SANY0803_R.jpg    SANY0801_R.jpg

早めに搭乗口まで行ってボーッとしていたら知らないオジサンが(こっちもオジサンだが)例の生キャラメルが山積みになってるよ。ここは穴場なんだから買った方がいいよって教えてくれたので一つ買ってみる事にした。お一人様3個までって書いてある。1個で十分なのでレジに向かおうとしたら、私5個買いたいの♪という女性が現れ二人で6個買い、こちらの代金までゴチになってしまった。うーん、払えない訳じゃないんだけど…なんだかすみません。

ツアーに同行したメンバーで飛行機を一便遅らせ、今まさに行列に並んでいる知人を思うと申し訳ない気持ちで一杯になった。

結構揺れたなぁ、飛行機。羽田からNHKに直行し、まずコーヒーを飲みました。
23:55 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月13日

札幌2日目

コンサートも無事終了し2日目の課外活動は…と書きたかったんだけど、昼公演で「出とちり」しそうになって大騒ぎしてしまったのでコーラスチームで大いに反省をすることに。

飛び込みで入った居酒屋で貝の刺身を盛り合わせてもらい(美味しかった!)ビールと日本酒で深く反省し、2軒目はラーメン屋に入った。ラーメンは2月に同じチェーンの浦河店(襟裳岬の近く)に入ったときはとっても美味しかったのに調子が悪かったみたい。

明日の天候は大荒れらしい。無事東京に帰れますようにと祈りながらベッドにもぐり込んだ。
23:55 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

移動日

仙台空港から新千歳に飛んで2時過ぎに札幌のホテルに到着。今日は移動だけなので、まずススキノでラーメンを食べて、更に夜行くお店の場所をチェックした。

夜は厚岸の6年物の焼き牡蠣を食べさせてくれる老舗の居酒屋でゆっくり飲んだ。酒は新潟の「鶴の友」だった。

ここで引き上げていればとっても大人。なのにやっぱりもう一軒フツーの地元チェーン系に入って再びビール。お勧めの300円焼酎はウーン参りましたっていうお味だったけど、山わさび(ホースラディッシュ)を山ほど使った鶏わさは目の覚める味でした。

凍結した路面をコケないようにガリガリと音をたてながらホテルに帰り優雅なオフは終わりました。
23:55 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記