2007年08月06日

岩ガキ

フジロックも終わり、穏やかな日々を送りつつ今日は何を食べようかなどととりとめのない事を考えてたら、あっ今年まだ岩ガキ食べてなかったよ、気付いて良かった。

普通のマガキは冬に食べるものだけど、岩ガキは夏のものだ。漁があるのはお盆まで。子供の頃は岩場で捕ってその場で食べたりしてたから、やはり岩ガキで夏を感じなければならない。週末実家に行くから、そのときがチャンスかな。近所の魚屋さんに注文すると漁師が捕ってきてくれる。天然の6〜7年物で2つも頂けば十分な大きさだ。基本はナマだけど殻つきのまま焼いても美味しい。今から楽しみ!

カキの事を思っていながら、なぜか浅草の洋食の老舗ヨシカミのランチ(月曜はビーフシチューとナポリタンのセット)に行きたくなって車に乗った。1983年から年1〜2回のペースかな。大学が上野だったから授業の空き時間に車を持ってる友人から連れて行って貰ったのが始まりでランチデビューはメンチカツとカレーの組み合わせだった。これは水曜のランチ。
学生がヨシカミのランチなんて10年早い(ハエェ!と読んで下さい)と思う。ナマイキでした。

結局、交通事情の悪さもあってランチに間に合わず(17時までなんだけど出発遅すぎ!)浅草の景色を車内から楽しんだだけで引き返し、家族の冷ややかな視線を感じながら千駄木の「すし乃池」で穴子寿司を持ち帰りに。結局先日TVでみた国道246沿い大山付近のレストラン「オオタニ」に初めてはいってみた。ポークソテー2枚ものってるし(甘めの醤油ソースで日本人ならグッと来るあの味)、エビクリームコロッケとホタテフライもなかなかだった。贅沢なフレッシュジュース、チーズ、1枚売りの生ハムなど興味深かった。

渋滞してて良かったね。

2007年08月05日

そーっとライブのお知らせ

昨日から夏休みモードに入っている。特に調整している訳ではないのだが年に2回位、ほとんど予定が入らないという波が訪れる。この波が頻繁に来るようになるとピンチだが、今はありがたいな。お盆まではスタジオ仕事にちょこっと出掛けるだけ。

ゆっくり練習して、コンピューターいじって、読書して、料理するとあっという間に1日は終わる。僕は10代の頃は人並みにスポーツ全般と登山なんかもやって体を鍛えていたし、20代は頻繁に外国を歩きまわったけど本当は超インドア派なので用がないときは全然外に出ない。

TVも音楽モノとニュース(スポーツ部分はスルー)しか見ないからたまにバラエティーをみると意味の分からない日本語がたくさん出て来て「ガッツリ」ってどんな意味?とか家族に聞かなきゃならないし、仕事先で昨日ニッポンすごかったねーと話しかけられても「ナニが?」とか「ああそうですね(無表情)」というツマラナい反応しかできない。その代わり得意分野はとことん掘り下げるよ!

うーん、お休みモードの文章だなぁ。徒然草の序文みたいに「あやしうこそものぐるほしけれ。」って感じ。でっライブのお知らせなんですが…
アンサンブル・フェリーチェというバイオリン、チェロ、ピアノという編成のトリオのライブにゲスト出演致します。僕はオンリーユー、What a wonderful worldあとドイツ歌曲を1曲歌います。普段のドゥーワップよりちょっとクラシカルなアレンジで素敵な晩になると思うのですが、60席しかないチケットはあと1,2枚らしいので本当に申し訳ありません。

8月24日 「ミノトール2」新宿区新宿5-11-4 龍生堂ビルB1 http://www.mino-2.com/hp/index.htm
18時30分開場 19時15分開演 ワンドリンク付きでチケット三千五百円なのです…。

明日は散歩がてらアキバに行こうかな(^_^;)

2007年08月03日

甘エビの…続き

甘エビの続きです(^_^;)

甘エビを色々な料理に使っているけど、頭について言えば最近は唐揚げが多い。目玉と苦みのある赤い小袋を取り除き粉をまぶして二度揚げして塩を振れば最高のスナック菓子が出来上がる。またオリーブオイルで炒めてから濃いだしをとってスパゲッティの隠し味に使うこともある。

3年前に東京ではエビの頭スープのラーメン店が、北海道から東武デパートに出店して話題になった。繁盛しているからこれはこれで良いけど、エビの味が遠くから来る日本橋「たいめいけん」のラーメンは面白い。洋食の老舗なのだが店の一角にラーメンコーナーがある。5人しか入れない立ち食いで、ここに立つと厨房が丸見えだ。大人が肩まで浸かって温まれそうな巨大な寸胴に、数十種の食材が静かに炊かれている。ここに大量のエビの姿を見ることができる(頭と皮)。東京ラーメン風あっさりスープだけどこの深さはなんなのだろう。ちゃんとしたビーフコンソメに通じる味わいだ。僕はコッテリ系も大好きだけど、このあっさりスープはとても良いと思う。

店内でもラーメンを注文できるので、50円のボルシチとコールスローで生ビールを1杯の後、650円のラーメンを注文する。紅いチャーシューとメンマも載ってるよ!
フライ、ステーキ、オムライス(美しい!)ももちろん美味しいのだがたいていラーメンで終わってしまう。豪遊気分だけど勘定は1400円。ホントはエビフライやクリームコロッケも頼みたくて大食いの人がちょっとうらやましくなる。

当ブログ、ヘンな音を貼ったりするけど写真がほとんどない。そこで美味しい写真満載のグルメな友人のブログ「胡桃随想曲 上海調」を紹介致します。
主宰は友人で上海在住の商社マンの奥様で、ウチの料理の写真なんかもアップして下さっています。僕はラズベリーという名前を頂いてたまに登場しています。是非一度ご覧下さい。

デジカメ買おうかなーなんて考えています。

2007年08月02日

フェーン現象

僕は新潟県の糸魚川市で生まれました。

雪国のイメージが強いためか、新潟って寒いんでしょ?でも夏はいいよねって言われる事がたまにある。しかし残念な事に夏は非常に暑い。フェーン現象で40度近い気温が夕方まで下がらない日が時々ある。

冬は雪が降るけど平野部の気温が氷点下になる事は多くない。しかし湿度が高く風が強いから体感温度は低くなる。ここ20年位はあまり雪が降らなくなったけど子供の頃は吹雪で息をするのも大変な中を身をかがめて通学していた。これは苦行だった。上越地方の高田という町で下宿生活をして高校に通っていた頃(今日、高田の気温は38度と報道されていた)、地理の先生から豪雪や夏の暑さを総合して考えると上越地方の平野部は日本有数の自然が過酷な地域で、ここで生活できたら世界のどこでもやって行けるよと常々いわれていた。他の土地を知らないから、そんなものなのかなと思っていたが、ヨーロッパを旅したり、仕事で全国各地に出かけるようになってみると、地理の先生の言葉は真実かも知れないと思うようになった。もちろん世界には桁違いに過酷な地域があるのだろうけど…

視点を変えればメリハリのある気候ということで美味しい物がたくさんあるところだ。海の物、山の物、記憶している事をひとつひとつ書き出したらキリがないし、今でもマタギの文化が残る場所だから加工食材や調味料も興味深い物が多い。

最近まじめに音楽ブログしてたから、たまには食べ物の話を書こうかなって事で、ここからはタイトル「甘エビのメモリー(プッ)」です。

子供の頃の食卓は甘エビ、イカ刺し、ハマチ刺身、ハマチのあら汁、バイ貝(刺、煮付け)、メバル(塩焼き、煮付け)が定番で時々ズワイガニって感じだった。書いてて胃が動きはじめた。今思えばすごい贅沢なんだけどお肉が食べたいよーと騒いでた気がするなぁ。毎日食卓がこんなだったのも新鮮で安かったからだけど、もうイカ刺しなんか見たくない!なんてワガママも言ったような気もするけど、イカ刺しイマ見たいジャストナウ!

で、甘エビだけど、やっぱりとれたての新鮮な物が美味しい。ウチの方では甘エビは午後イチに船が帰ってきて店に並ぶのは午後2時過ぎだった。ザルに山盛りで150円位で買ってきて、そのまま食卓へっていうのが多かった。僕は20匹ほど皮をむいて、醤油をサッとかけてお茶漬けをかきこむように食べるのが好きだった。炊きたてのコシヒカリに乗っけちゃうのも良かった。残りは次の日天ぷらになった。これがまた堪らない。そういえばエビの頭はみそ汁の具や塩焼きにする事はあったけど吸ったりはしなかったと思う。何十匹も食べるから痛風系の大人には良くなかったのかも。最近はタマに吸いますけど圧倒的に本体が好きです。

甘エビは300メートル以上の深海に生息する。孵化した時は全てオスで5年半で全てメスに性転換するらしい。だから卵を抱いたメスはみんな昔は男だったのよって事になる。この性転換の前、13-15センチのモノがイチバン美味しいと断言しておこう(ちょっと生意気ですみません)。たまに1尺(約30センチ)位のコが手に入ると塩焼きもありで、多幸感で酔ってしまう程だ。

今は昔ほど安くないけど、いいものがあるときはまとめ買いして冷凍し色々な料理に使って楽しんでいます。サラダなんかも最高だし…長くなりそうなので今宵はこの辺で。あああお腹が空いた(*^_^*)

2007年07月31日

バイオリンは…

今日は久しぶりにNHKで影コーラスのお仕事してきました。

午後3時入りで睡眠もたっぷりとれて平和な1日だった。7月はVividsのレコーディングとフジロックの準備で色々なお仕事をごめんなさいしてたから気分が変わって良かった。

ところで昨日のバイオリン発表会ですが、独奏曲はかんべんして頂いて合奏曲で当たり障りのないパートをそっと弾くというトーンダウンした状態で参加しました。すみませんの連続だったけど楽しかったです。来月は少し練習時間が取れるといいなぁ。

独唱もやりましたよ。クラシックを!シューベルトの「Der Wanderer(さすらい人)」で高校生の時、学生音楽コンクールで歌った曲です。渋い高校生でしたね(-_-)
前日までフジロックだった事を思うとすごいギャップがあるけど、ピアノ伴奏をして下さった鈴木永子さんはたった一度の(それも本番直前)合わせで完璧に弾いて下さったからラクに歌う事ができました。歌曲集「冬の旅」や「美しき水車小屋の娘」なんかも歌ってみたくなったカモ…(^_^;)
ちなみに「冬の旅」は全24曲からなり「菩提樹」などの有名な曲を含んでいる。一般的には80分弱で演奏するけど自分の下手なピアノでつっかえつっかえ弾き語りすると3時間以上掛かってしまいます(>_<)

終了後の宴会では生ビールを4杯も頂いてしまいました。

2007年07月22日

エダマメ考

夏は野菜の種類が多くて楽しくなる。今日はコンサート会場の近くで、道の駅に併設の野菜直売所をみつけたので行ってみた。キュウリとエダマメが欲しかったのに売り切れで、かわりにカボチャ、ニンニク、トウモロコシ、空芯菜、紫蘇、トマト、ジャガイモ2種、タマネギ等を車じゃなければ持ち帰れない量をゲットして涼しい楽屋に持ち帰った。
終了後、途中で博多ラーメンを替え玉して(青森田子産のニンニクも入れました!)食べたので帰宅は深夜になったが、ゲットした野菜の中でトウモロコシだけは何としても寝る前に蒸して置かねばならない。時間が経つにつれ糖度が減少してしまうからだ。他のコは冷蔵庫や涼しい場所に置いた。

ご存じのように枝豆は大豆の未熟果だけど、空気の約8割を占める窒素を根粒細菌から化合物の形で取り込む事ができる。炭水化物と言われるデンプン、砂糖、ブドウ糖などは炭素、水素、酸素からなる化合物でおおざっぱにいえば炭と水で出来ている。タンパク質はこれに窒素と少しの硫黄やリンが加わったものだ。

人間はタンパク質を作るのに必要な窒素を、食物から摂取するしかないが、無尽蔵に存在する空気中から調達できる豆ってスゴイ!田んぼの畦に枝豆を植えたり、休耕田にマメ科の植物の種を蒔くのは土に栄養を与えるためだって習ったような気がする。

枝豆の種類は結構あるけど、僕は昔ながらの種類(白毛種っていうのかな?)に塩をたっぷりが好き。茶豆も香りがあるし、黒豆も美味しいと思う。

ところで枝豆を居酒屋で楽しむ時に、気を付けなければならない事がある。先日こんな事があった。ある打ち上げで僕の対面に並んだ50代のミュージシャンの話だが、枝豆を口に入れるたびにアレっと首をかしげてもうひとつ口へ。「おっかしーなー」というとお隣さんが「それはオレが食べた後のさやだよ。おいしかった?」「オイッ、病気になるだろー(激怒)!」なんて事があって大笑いしたのだが(キタナイ話ですみません。)、ウチでも冷蔵庫に食べ残しの枝豆がタッパに入ってたからおやつに食べようとしたら、実のないさやばかりで、これ変だよと家族に聞いたら「あっ、実の入ってる方を捨てちゃってた!」(つまりゴミを保存してた)

夏の夜は、居酒屋でオジサンどうしの枝豆事故が多発します。オジサンじゃない皆様もどうぞお気を付け下さいね(^_^;)

2007年07月17日

ユーチューブで

昨日のライブとはうってかわって今日は1日中スタジオワークで、来週半ばまで籠もることになりそうです。

災害や戦争のニュースを見るたびに、普通に生活出来て毎日歌える事のありがたさを痛感します。今回の中越沖地震では、僕の実家もかなり揺れたし、柏崎市にはアマチュアオーケストラの仲間が何人もいるから人ごとではなくて、ブログで触れる事すらためらわれますが、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。近いうちに一度帰るつもりです。



先日「youtube」で見つけたJ.D.Sumnerの動画のひとつをご紹介します。低いですよ(^^)


2007年07月14日

めざせ新記録

色々な仕事が集中して、動きがとれなくなってきました。ウチで出来る仕事は、時間のあるときに計画的にこなしておければ良いのですけど…(^_^;)、フジロックフェスティバルが終わるまでは気を抜けない状況です。


昨日からずっと譜面を書いているのだが、ときどき現実逃避モードに突入する。なぜか掃除機をかけてみたり、観葉植物の植え替えをしたくなったり…。掃除機といえばウチはダイソンの初期型使っていて、性能はバッチリで気に入ってるけど大きすぎる。最近のはコンパクトにしまえるようになって悔しい。

今日は「超低音歌手日記」をぼんやり読み返してみた。低音の限界シリーズで触れたJ.D.Sumnerを、Youtubeで検索する事を思いつき探してみたら、かなりお宝(低音マニア限定ですが)と思われるものが結構あったので、2時間も現実逃避してしまった。

J.D.Sumnerはギネスブックにも載った、世界最低音を出す歌手で、その最低音はオーケストラのコントラバスの最低音のミより低い33ヘルツの「ド」だ。しかしその記録はTim Stormsという1972年生まれの歌手により、ギネスの記録は更に半音下がって「シ」になった。2002年の事らしい。

僕は1990年に、当時やっていたコーラスグループのアルバムで低い「ミのフラット」まで録音したが、いびきのSE(効果音)として使用された。コロムビアから発売されたCDなのだけど、フジロックが終わってから聴いてみようかな?

拙者も修行して挑戦してみる事にしよう!

2007年07月13日

直売所がアツイ!!

羽田空港でいつもの穴子弁当を買って帰宅して、車で練馬区の野菜直売所に行ってきた。直売所といってもJAの直営店とか個人農園の一角とかいろいろあるが最近は近場の個人農園に行く。車で20分だから歩いてスーパーに行くのとそう変わらない。

トマト、枝豆、きゅうり、葉唐辛子、切り花(アスター)などを求めた。スーパーより値段は安いが品揃えはかなわない。しかし時々通うと野菜で季節を感じる事ができる。旬のものしかないのだから当然だけど。それに枝豆やとうもろこしなんかは、その日に収穫したものが美味しいから車で行く価値がある。とうもろこしは収穫を終えたところが多いみたい。

葉唐辛子が手に入る期間は短いので良い物を見かけたら必ず買う。小さい未熟果も一緒にきざんで佃煮にする。これから辛くなるんだよーという気配を感じさせる夏の味だ。少し育った実を入れると本当に辛くなってしまうがこれも一興で、ビール、焼酎、ご飯に合う。ウチではカレーの付け合わせにも使う。

冬にトマトやきゅうりが食べたくなったらもちろんスーパーだけど、しばらくは直売所がアツイ!!直売所遍歴で1冊書けそうです。

ミュージシャンのブログなのに野菜ばかりですみません。肉や魚の事も書くようにします(コラコラ)。(別ブログでやりなさいと言われました…)m(_ _)m

2007年07月07日

そしてMilkey Way♪

先日、お笑いの「キリン」ていうコンビの川島さんって人が低音だよって話を聞いて早速テレビでチェックしてみた。なるほど低音だった。話し声の音程でいえば僕より約1オクターブ高いが、ちょうど心地よい低さで良く鳴っているいい声だと思う。鍛えたらかなり歌えるのでは?

売れている男性歌手や芸人は高い声の人が圧倒的に多いけど、低音の人が出てくると嬉しい気持ちになる。低音は説得力があるし、大人の男っぽい(酔ってオネエ言葉になってしまう低音もいるが…)。だから「低音の魅力」なんて言葉があちこちで聞けるように牧伸二さんには「水原弘は低〜音のミ〜リョク〜♪」っていう、いぶし銀のウクレレ漫談をずーっと続けて欲しいと思うのだ。あっ僕も頑張ります。

今日は七夕なので、七夕らしいものを食べようと夜空を見上げると、衛星と近場の惑星しか見えない。おーい天の川はどこなのよーと心で叫ぶ。英語ではMilky Way (ミルキーウェイ)でドゥーワップには欠かせない言葉で、ギリシャ神話の女神ヘラの母乳が流れ出たのが語源だ。ギリシャ神話って何度も読んだけど主要な神以外の名前が全然記憶出来ない。話としては面白いけど日本人の名前に勝手に置き換えて読んだらバチ当たりそうだし困ってしまう。

話を戻すと、今宵は目白通りの白龍トマト館に行った。トマト入りのタンメンがイチオシの西新宿にあった中華料理店の流れだけど、こちらは新しくきれいなお店で繁盛している。頑張れば自転車で行けるのでたまに行く。全然七夕らしくないが美味しかったからOK。

子供の頃、山に行くと星がギラギラまぶしく見えた。視力が2.0以上あったから色々な星が見えて楽しかったけど、東京では空気の澄んだ冬しか星が見えないのは寂しいなと思う。余談だが最近、細かい文字を読むときオートフォーカスの効きが悪いのは本当に寂しい。

皆様はいかがですか? (^^;)

2007年07月05日

大奥 劇場版

昨日(7月4日)の記事の「WAVE6」関連でもう一つ、調子に乗って紹介しちゃいます。

人気TVドラマ「大奥」の劇場公開版のコーラスを6人で歌っています。メンバーの女性が一人交代しているので「WAVE6」ではなくて、サウンドトラックCDに演奏者ひとりひとりの名前が書かれています。コーラス入りは全34曲のうち4曲です。

僕はTVドラマ、あんまり見ないんですが「大奥」は何故かハマって見ていました。ゴージャスなロケーションと、異様な人間関係が心の琴線に触れました。これすごいなぁ!姫路城だし!なんて思ってたらウチにも仕事が来たのでした。アリガタヤー




映画「大奥」オリジナル・サウンドトラック 大奥 スタンダード・エディション

2007年06月30日

スプラウト

昨日は水耕栽培トマトの収穫の事を書いた。ちょっと続けて…
ベランダで、もちろん無農薬で栽培しているが、子供の頃、祖母が趣味でやっていた畑の手伝いに良く行っていた事を思い出した。

虫除けに白い粉を手足と首筋にたっぷりまぶして出掛けたものだが、この白い粉は1968年に使用を禁止されたDDTであった。動物・植物・昆虫・科学等の図鑑を記憶するまで読むほどこういうネタが好きだったからよく覚えている。最近はなかなか新曲が覚えられない…(-_-)

この白い粉は安価に大量生産ができ、ノミ・シラミ・蚊などに劇的にキくから戦後、学童にスプレーをしている白黒映像の記憶もあるが、全身にまぶされて畑に行った身としては、人ごととは思えなかった。ウチでは1972年頃まで使ってたような気がする。BHCっていうのもあったなぁ。

ところで近年話題になったスプラウト(ひらたく言えばモヤシ)だけどウチでも色々やっている。緑豆を使った普通のモヤシ、これは夏場なら3日で収穫できる。ステンレスのフタ付きバットに入れて、朝夕、サッと水洗いするだけで、しゃきっとして甘みのあるサラダ用モヤシが楽しめるのだ。火を通したら雪国もやしにちょっと負けるかな?緑豆は通販で福岡の種苗業者から買ったが1キロ600円だった。これで2年はイける。
アルファルファ(ウマゴヤシ)は4日でOK。これは食べる日に日光に当て少しミドリ色を付ける。お日様が出てないときは蛍光灯でも可だけど、ヲタクの聖地、秋葉原に出掛けLED照明を自作してしまった。
あとはレッドかいわれ、これはすごく辛い。種を1キロ買ったけどあと5年はありそう。発芽率は下がるんだろうけど。

そういえばキングトーンズのリーダーは、好き嫌いが激しくて野菜を食べてるのをほとんど見たことが無かった。ステーキが大好きで、魚もあまり食べないけどうなぎが好きで新幹線に乗るときはメンバー全員に鰻弁当を買ってくれたものだ。うなぎ食べたくなってきた。

メインのノートPCがトラブって、クリーンインストールをしていました。今日もサブPCからこんな話題でごめんなさい。明日からは音楽ブログ復活で行きますから〜。m(_ _)m

2007年06月25日

ユルい日

今日はウチでフジロックの資料やこれから書く予定のブログに使う音ネタを(歌って!)録音して、あっという間に一日が終わった。(昼まで寝てたからだが…涙&自己嫌悪)。
釣った太刀魚とエリンギのパスタ、ニラ玉、ナス味噌炒め、トマトで、やっぱりビール!!ベランダの水耕栽培トマトも色づいてきました(^^)

友人が先週ブログを始めたらしく、しかもリンクしてくれてるのでこちらも紹介しておきます。
きんちゃんの大冒険
まだ数日分しかないけど、今後盛り上がるかも…という期待を込めて…演歌が好きな方には必見のブログになること間違いなしです。

2007年06月24日

きょうのお昼は

しなもりってご存じですか?
中華そばの麺を使ったもりそばなんだけど、東北地方では割とあたりまえのメニューらしい。新潟にいるときは知らなかったが、山形出身の友人に教えて貰った。一寸邪道な感じがしなくもないが、これはこれでいいと思った。

新宿コマ劇場裏の蕎麦屋でメニューにはないけど注文すると作ってくれる。ちなみに僕はラーメンが好きで興が乗ったら半日掛けてスープを作る事もあるけど、「どっちが好き?そばorうどん」とドゥーワップ好きなアメリカ人に聞かれたら、アイアムア ソバじゃなくて、そばだよサム、と答える。
うどんだって香川に行ったら必ず食べるし、稲庭や上州、大阪や博多のゴボ天入りも好きだけど、蕎麦派かうどん派かっていう話なら蕎麦派に所属している。キングトーンズのリーダーはうどん派で、車で移動中に
リーダー「ユーちゃん、どこかでうどんでも食べようよ。」
石塚「おっ、うどんですか?いーですねー。」
リ「ユーちゃんは蕎麦の方がいいんだろ?」
石「はい、でも今日からうどん派です。」
り「まーたまたぁー(笑)」
という会話が何度もあった。ステージ以外ではベースマンというより立派なイエスマンである。

ちなみにネコ派かイヌ派かと尋ねられたらネコ派(^o^)。

で、しなもりに戻るけど、お店に行ったら自分で作るのは手間だなぁと思うものを食べたいから、しなもりはウチで手抜きしながらも目先を変えたい時のメニューなのだ。

昨日、北海道の西山ラーメンを特売で大人買い(^_^;)してたので、2玉茹でて市販のめんつゆに刻みネギ、激安でへんな色の海苔を炙ってチラしたから、正確には「しなもりそば」というより「しなざるそば」と言うべきで本日の昼餉は「しなざる」ってぇ事になる。細かくてごめんなさいだけど、蕎麦の場合は海苔がのってない「もり」が好き。薬味はネギだけ!

麺が多くて途中からごまや酢、ごま油まで落として味を変え、めんつゆで麺を泳がせるように付け、悪の限りを尽くしてというか、イキな蕎麦食いと180度違う作法で昼食を終えた。原価99円。

江戸の蕎麦食いが、今わの際(いまわのきわ)に、「ホントはたっぷりつゆに漬けて蕎麦を食いたかった!」と言った。という小咄で100均ランチ報告を終わります。

次回は「低音の限界(仮題)」というタイトルで禁断のテーマに挑む!っかもよ(宮尾すすむ調で)

2007年06月23日

嬉し恥ずかしアカペラ J-POP

20代の頃は学校の講師をしたりして音楽の授業をした時期もある。これは貴重な経験だったし今後に生きてくる事もあると思う。

プロの歌い手を目指す人にボイストレーニングをする事もあるが、特に生徒を募集している訳でもなく、知り合いに頼まれた時はベースボーカル志望の人に限定でレッスンする程度だ。今は1人だけ大学生がいて、気が向いたときに来たらいいよっていう相変わらずユルいノリだ。(昨秋から会ってない。もう少し来た方が良いと思うが…)

特別なメソッドがあるわけでもなく持ってきた曲を一緒に歌う程度で、その中で変なクセがあれば注意する。ひたすら一緒に声を出し体に叩き込む合気道タイプのレッスンと言えるかもしれない。勿論これはボイストレーニングの話で、歌いまわしを重視する時は違ったアプローチもする。

数年前カルチャースクールの講師の依頼があった。ありがたい話だったけど、ジャンルと対象が幅広すぎたので、お断りしてしまった事がある。僕がやるなら「ベースボーカリスト養成講座、30歳以上の大人の男性限定で終了後の宴会の飲み代は生徒持ち」っていうのが理想的だなぁ。

しかしこれじゃあベースばっかりで音楽的につらいし商業的にもまず成立しないだろうから「ドゥーワップコーラス講座、しゃれの通じる大人の男性対象、講師を囲んだ講座後の宴会は隔週で,費用生徒負担(こればっか!)、講師は業界最低クラスの中年男」そして女性ボーカル講座の生徒さんをゲストボーカルに招いて定期的にアカペラコンサートを開催!これでどうでしょう!?
さーあとはプレゼンかけるだけ、って誰がこんな話聞いてくれるの〜?

暴走気味でスタートしたが、楽譜や雑誌にレッスン記事を書いた事もあり、特に楽譜に関しては心に残る一品があって、5年経ってるからもう絶版かなーと思いながら調べてみたら、売っていたので紹介します。

「ハモろう!かんたん!アカペラJ-POP」(1-5巻)でヒットしたJ-POPをおしゃれなアカペラコーラスにアレンジしたもので、曲によってはボイパのパートも付いている。コーラスグループやちょっと軽いノリの曲をコンサートのプログラムに入れたい合唱団の方は、今なら間に合うのでお一ついかがですか!?
更に巻頭にはワタシの恥ずかしい写真入り(^_^;)のレッスン記事が見開きで入ってます。ホントにすみません。大都市にお住まいの方は楽譜屋さんにあるかも。



ハモろう!かんたん!アカペラJ-POP(1)

アンパンマン

石塚さん「アンパンマン、命の星のドーリィ歌っていますか?」と尋ねられ、「はい私がやりました。」と答えておいた。このあいだ著作権隣接権等の管理をして下さっている団体から演奏確認の連絡が来た時の話。
そうアンパンマンのサウンドトラックでコーラスを歌っていたんです。さらに7月に新作が出るんです。


それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン

2007年06月21日

漫画?読みます読みます

漫画を良く読む。
子供の頃は貸本屋で母が借りてきたものを全部読んでいた。田川水泡「のらくろ」(フルイハナシスギルノデ営倉イキでアリマス。スワッ!)に始まり、楳図かずお先生の恐怖漫画や手塚治虫もほとんど読んだ。小学時代は少年ジャンプを毎週届けてもらっていたし他誌も貸し借りでほとんど読んでいた。
楳図かずお先生を高田馬場で何度も見かけた事がある。先輩で作曲家の青島広志先生とイタリア料理屋にいるときに遭遇した事もある。この時は両先生が知己だったため楳図先生とお話する事が出来て感激した。

最近は漫画雑誌をあまり買わなくなってしまったが、気に入ったものが単行本化されたときは買っている。ゴルゴ13は必ず買う。レジに並んでる俺の後ろに立つな、財布を出すときはゆっくりとだ!!
「北斗の拳」なんか印象的な台詞は記憶している。ステージで1番を2番の歌詞で歌い出したりしちゃったときは、自分で秘孔を突いて「わたしは既に死んでいる!」とやりたくなる。こんなとき僕は2番で1番の歌詞を歌ってバランスをとるが人により、もう一度2番を歌う、パニクって泣く、音楽を止めて歌い直す、間違った事に気付かない等いろいろだ。
意外なところで「ケロロ軍曹」。これはアニメ化された後に劇中歌のコーラスを頼まれて2度録音しているが、内容を知らなかったので1冊買ってみたらハマッって全巻読んでしまった。
「笑ゥせぇるすまん(原題は黒ィせぇるすまん)」も読んだけど、こちらはアニメの方の印象が強い。喪黒福造の声(大平透さん)の真似を研究した時期もある。地声と裏声をハーフで使うテクニックが絶妙なのだ。

もうひとつ週刊少年マガジンに連載の「ゴッドハンド輝(テル)」という医学漫画がある。作者が高校時代の後輩で合唱部だったし、東京でも近所に住んでいたという縁もありファンとして応援している。暫く会ってなかったが、2年前に医学漫画を書いているという話を聞いたので書店に出向くと、既に単行本が24巻まで出ていてビックリして驚いた。

で「全冊を嬉し恥ずかし大人買い」(ヘンな川柳)してゼータクに一気読みした。ヴァルハラなんていう北欧神話からきた名前も漫画に深みを与えている。大好きなワーグナーの世界を彷彿とさせる。今宵はニーベルングの指輪でも聴いてみようか!?(LPレコード22枚組だが…)
山本ぉー、すごいじゃないか!!そして今35巻が出ている。ブログを更新したらさっそく32巻以降を注文して、4冊まとめ読みをするのだ。文庫化も始まっているみたいです。なんと言っても医事ネタが新しくて「ブラックジャック」を読んだ人なら、さらに楽しめる事間違いなし!!

書きながら色々なアニソンや台詞に関わったのを思い出した。絶版になったのも多いけど今まで全然記録してないから思い出せるうちにディスコグラフィーでも作ろうかなという考えがよぎってしまった。かなりマイナーでマニアックで偏ったものが出来そうな予感。フジロックが終わったら年内には何とかしてみよう。

それではこの辺で失礼します。夜中にポークソテーで飲んでるようじゃいかんなぁ。でも歌うとお腹が空きますよね(^_^;)


ゴッドハンド輝 (32) (講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS (3757巻)) ケロロ軍曹 (13)

2007年06月20日

パンが無いならケーキを…

仕事柄、夜型の生活だ。夜は3時4時まで起きているかわりに、起床は10時過ぎだったりする。声だけじゃなく血圧まで低くて、朝はめっぽう弱い。スカッと目覚めてモリモリ朝食を摂る人がまぶしく見える。まっその代わりこっちは夜、モリモリ食べてるからご心配なく。

昨日も夜1時近くなってから突然寿司が食べたくなった。元気なら大抵のものは自分で作るが夜中に寿司は無理。出前を頼んだ。朝4時までやってて出前OKで安い寿司屋がある。おすすめの生ほっき貝、生とり貝に茶碗蒸しまで入れても3000円でおつりが来た。感じのいい兄さんが「いつもありがとうございます。またよろしくお願いします。」っていうけどこっちも同感だよ(^_^)
それなりにどのネタも楽しめるが、生とり貝はイキのいい牡蠣みたいな香りのする貝柱が付いていて特に美味しかった。出前じゃなかったらアンコール必至。

先週鹿児島に行ってきて未だに鹿児島モードなので芋焼酎「坊津」を飲んでいる。前は「なかむら」が好きで2400円位で買えたからよく飲んでたけど、入手困難になってからは「坊津」専門だ。数年前、鹿児島の繁華街でラーメンが300円で酒(もちろん焼酎)が100円台のラーメン屋さんにはいった事がある「のり一」だったかな?感動した。
名前は失念したが多分地元でしか流通しない銘柄の焼酎だったと思う。

気に入ってた芋焼酎はブームで高騰してしまった。2400円で飲んでたものが8000円とか2万円になった時、マリーアントワネットじゃないが、焼酎が無いならワイン(ビール、酒)を飲めばいいじゃないの!と考えて消費量は減っている。ワインも好きでよく買うけど僕はそこそこの値段で美味しかったら幸せなんで通販でエノテカの月替わりの12本セットみたいなやつを好んで買っている。

それではまた(^o^)

2007年05月26日

なんとか一か月

普段あまり文章を書かないので、短いブログにも結構時間が掛かってしまう。夜中の更新が多いので睡眠時間を圧迫しているような気もする。なので愛用のウィルコムW-ZERO3(電子手帳型のPHSで、こういう物が好きです!)を使って出先や移動中でも興が乗ったら入力してみる事にしよう。
日記を付けた事もないのに、気が付けばお陰様でなんとか一か月です。このブログ、もう少し続けてみようと思います。

京都から乃木坂のスタジオに入り、CM録音の後帰宅。そうそう「生八ツ橋」を買うつもりが、心変わりして洛匠の「草わらび餅」を買った。初めてだけど好きな味でした。もう少し買えば良かったな。

しばらく慌ただしかったけど明日から連休。雑用をやっつけたらまた書きます。

2007年05月25日

早起きvs低血圧

幼い頃から朝弱くて、スカッと目覚めるのって3年に1回も無いと思う。20代までは無理して早起きしていたけど、30才からは朝弱いから夜頑張ればいいやと開き直ってしまった。5時起きで旅に出るときもあるけど、普段の歌の仕事は午後から夜が多いから10時過ぎに起きる事が多い。いくらでも寝られるけど、自己嫌悪で一日をスタートする事になるのでほどほどで起きている。血圧がかなり低いのも関係あるのかなぁ。気合いが足りないって言われたらそれまでだけど、必要に応じて起きてるから勘弁して下さい。たまに新潟に釣りに行くときなんかはエイヤーッて感じで起きてます。

早起きして新幹線や飛行機に乗っても午前中は血がめぐってなくてボーッとしているから、調子のピークは自然と夜のコンサートの時間から宴会(毎回じゃないよ)にかけてやってくる。
年をとると朝早く目覚めるようになるらしいから楽しみにしてるんだけど、その兆候は今のところない。朝強かったらきっと無理しちゃうだろうから、健康を維持するにはちょうどいいのかも。朝型で爽やかなベースボーカルってのもいいなぁと思うけど・・・

キングトーンズのリーダー内田は、長時間寝た日は眠れなくて次の日にまた長く寝るっていう48時間サイクルだって言ってたけど、今は早起きで規則正しい生活をしています。煙草も止めたから、キングトーンズは全員非喫煙者になりました。でもマイナスイメージばかりじゃなくて「Smoke gets in your eyes」みたいに煙草の絡んだ名曲も多いですね。

今日は京都で歌番組の収録で「影コーラス(前述)」でした。旅情に浸る間など全く無く、明朝8時台の新幹線で帰って大好きなCMソングの録音です。お土産はやっぱり「生八ツ橋」かな。
では、おやすみなさーい。