2008年10月01日

最後の一葉

昨日、新宿コマ劇場での1ヶ月公演の仕事が終了した。

2回公演の空き時間に歌舞伎町で何を食べるかというのは悩みの種というか楽しみだった。大抵のファーストフードやチェーン展開の食堂が勢揃いした街だが、通は立ち食いの「後楽」、コマ1階の「コマそば」とフライ「峰」は外せない。

そしてバリエーションでうどんの「つるとんたん」や「福しん」、更に丈夫な人にはラーメン「二郎」「天下一品」もある。

今回は「後楽」のラーメンと「峰」のフライを何度か食べた。すごく美味しい店じゃないんだけど、灯りに飛び込む羽虫のように歌舞伎町の男たちは油の蒸気に惹き付けられる。12月にコマと一緒に閉店してしまうのは残念だ。
aji&_R.jpgアジフライ&チキンカツ katudon_R.jpg

ご飯のおかわりが無料でカツカレーやカツ丼を頼むとご飯の量をどうするか尋ねてくれるが軽い気持ちで大盛り!なんていうと後悔する事になる。グルマンなご常連には「カツ丼の別れ!」というなんとも演歌チックな注文方法がある。なんの事はないカツの卵とじとご飯がセパレートで出てくるだけだが、その気になればご飯を何杯でもお代わりできる。
syouga_R.jpg
昨日分解した携帯の続き…壊れる前に撮った最後の写真はフライ「峰」のショウガ焼きでした。合掌!

2008年09月30日

機種変更

26日におかしくなったPHSの愛機W-ZERO-3だったが結局28日に完全に壊れてしまった。電子手帳としてスケジュールの管理にも使っていたので1日でも手元にないと困るから即日新機種を購入した。修理に出したら2週間掛かって、代替機は違う機種だというから仕方がない。

2年前にキョーセラ製の別の電話を修理に出した時もそうだったが「代替」の事を販売店の大学出てそうなニーちゃんが「だいがい、だいがい」って連呼するからムッとして思わず「だいたい」でしょっ!って言ってしまったことがある。大人げないと軽く反省はしたものの携帯業界の常識が「だいがい」なら10年もしたら辞書に載るんだらうなぁ。憧憬(しょうけい)は「どうけい」になっちゃったし、重複(ちょうふく)も「じゅうふく」でOKになっちゃった。まーいーけど。

で、予告通り分解してみた。なんとか電子手帳として使いたかったからだ。
Bunkai03_R.jpg

ネットでもその脆弱性が話題になっていたフレキシブルケーブルが断線していた。多分280円位の部品なんだけど、自作は不可能だし修理にだしたら2週間プラス1万以上掛かるからあきらめてヤフオクで新品をもう1台購入する事にした。

キーボードの開閉で使っているうちに切れてしまうような仕様なら、千円位で保守部品としてウィルコムの窓口で分けて欲しいと思う。初代ザウルス以前からシャープ製PDAを使い続けている者としてお願いしたい。

後継機Willcom 03は快調そのもの。変換もすごく利口になっていて気に入った。これからカスタマイズが楽しみ。ただ録画も出来ない半端なワンセグより、GPSやラジオの録音機能が欲しかったなぁ。AMは携帯電波と干渉するから無理だろうけど…。

ブルートゥースのGPSを導入してカーナビにしようと検討中です。

2008年09月26日

オフ

久しぶりのオフ。

昼過ぎまで寝た。溜まった雑用を片付けるつもりだったのに茶を飲みながら漫画版の「鬼平犯科帳」を読み現実逃避モード。

愛用のPHS、w-zero-3が突然不調に!動作保証外のソフトを入れたり、カスタマイズしまくっているから最初からメーカー保証はあきらめているけど、スケジュールと連絡先が入っているから困ったなぁ。電源スイッチが入ったり入らなかったりするしタッチパネルが死んでいるから、ひとつ分解してみるか!?

結局1歩も外に出ませんでした。

2008年09月25日

平和の象徴

一寸ハングオーバー(ひらたく言えばまぁ二日酔いです)気味だったが朝からスタジオワーク。午後の仕事まで2時間空いたので立ち読みをしたり江戸川橋の遊歩道を散策した。

ベンチに腰掛けコーヒーを飲んでいるとハトが集まってきた。ハトって旧約のノアの方舟に出てきたり、ギリシア神話では愛と美の女神アフロディーテの聖鳥とされていたりして平和のシンボルといわれているけど、僕には神社仏閣、公園でグルッポグルッポいって群れている鳥に過ぎない。

で、軽く追い払って読書に耽っていると一羽だけベンチの僕の隣にぴたっと寄り添っている。10センチほど隙間を空けると今度は足の上に乗ってきて一回転してポーズを決めた。仕方がないので1枚撮ってみました。

Taube_R.jpg

そういえばドイツ歌曲にもハトはよく登場している。大好きなシューベルトの歌曲集「白鳥の歌」のラスト第14曲は「鳩の使い(Die Taubenpost)」だったなぁ。

夕方もう一仕事終える頃、元気が出てきたので選ばれた肝臓を持つセレブを交えて定番の五鉄(おでん)に行ってしまいました。継続は力なり…




2008年09月22日

大音響ワインバー

今日は新宿コマ劇場が1回公演で4時過ぎに終わり、もう1件仕事をした後、銀座の外れ(っていうか八丁堀だが)のワインバーで豪遊した。

コマではバーベキュー大会が開かれていたが仕事で今回は参加出来なかった。まぁ参加してもジンギスカンを焼く煙とタバコの煙を避けながらビールを飲むだけですけどね。

このワインバー、大音量で音楽が流れていて隣と会話するのに苦労したけど、ラムを焼くにおいが流れて来たときはコマ劇場でも今頃焼いてるんだろうなぁと遠い目になってしまった。

2008年09月21日

青菜炒め

スーパーで地物の野菜コーナーを見ていると年配のご婦人から、ちょっとお兄さんこれどうやって食べるの?と尋ねられた。

えーとこれは空芯菜といいまして中華料理の青菜炒めに使います。作り方は……なんて説明しているうちに食べたくなって自分で買ってしまった。

Aona_R.jpg

柔らかくて味の濃い青菜でした。干し椎茸を入れ忘れました(^_^;)

2008年09月19日

大福

一ヶ月の劇場公演中にはいろいろな差し入れを頂く事がある。

ビールや飲料水、寿司など大変ありがたい。大福やバウムクーヘン、あんの入ったみたらしだんごなんかも頂いた。甘いモノも嬉しいな。

Daifuku_R.jpg
大変良い大福でした(*^_^*)

2008年09月17日

ダスビダーニャ苫小牧

地方公演っていっても大抵はトンボ返りで、東は仙台、西は岡山あたりまで日帰りが出来てしまうが、予定が許せば自腹で1泊して美味しいお店に寄る事も楽しみの一つだ。それにしても今回は本当に良く食べた。

今日も早起きして千歳空港に向かった。お弁当を選んでいるとものすごい行列に気が付いた。花畑牧場の生キャラメルを買うために並んでいるという事だった。1つ買おうかなと思ったけど発売開始まで1時間以上あるから飛行機に乗り遅れてしまう。ブームが去ったらゆっくり買おう。

年配のご夫婦が嬉しそうに並んでいるのを見ると、行列に参加する事も一つのイベントなんだろうなと思う。僕は苦手なので行列してまでラーメンを食べたりは絶対にしなかったが最近は軟化して15分位なら待ってみるかという感じになってきた。20年たったらここで並んでるかも知れないな。

行列といえば1970年に親に連れて行ってもらった大阪の万国博覧会も行列した記憶しかないような…

Seki-saba_R.jpg   Anago_R.jpg

結局、羽田に着いてから関鯖寿司といつもの穴子寿司を買って帰りました。関鯖寿司は普通に美味しく、穴子はハラショー!あわただしいけどイイ旅でした。

2008年09月16日

苫小牧

早起きして北海道の苫小牧で仕事だった。苫小牧といえばまず王子製紙の大きな工場が思い浮かぶ。1974年に新潟県の北越製紙の工場を見学した事があるけど、ここも一度見学してみたい!

昼休みにラーメンを食べたが、かんすいの効いた黄色い麺の醤油ラーメンはなかなか美味しかった。店主が出前に出ていたので帰還を待ってからの注文で、のんびりしているなぁと和んだ。

080916_Dosanko_M_R.jpg一軒目  Hokki_R.jpg 

夜のコンサートが終わって6人で居酒屋に入った。ふぐ料理がウリの店だが時期じゃないからサンマ料理を中心に注文した。地物のホッキ貝は値段も手頃で刺身だけではなく、バター炒めや塩焼きも美味しかった。

すぐに閉店の時間となってしまったので、もう少し飲もうという事でラーメン屋に移動して餃子でビール。仕上げに味噌ラーメンを頼んだ。
2kenme_R.jpg二軒目…

1日に2回もラーメンはいかがなものかと反省していると仲間がもう日付が変わっているから本日の1食目だから問題ないよと言ってくれた。ああ良かった。

てな訳で、過剰な摂食行動を無理矢理正当化しつつホテルに帰った。

2008年09月14日

改造♪

先月末に32ギガバイトのコンパクトフラッシュ(CF)カードを9980円で購入した話を書いたけど、それをナニに使ったの?の話で少々マニアックです。

4年間、外出時には必ず携帯しているMP3プレイヤーの「MUVO2FM」だが5ギガの極小ハードディスク(マイクロドライブ(MD))を内臓し当時は巨大とも思えた容量も最近のモデルと比べたらかなり寂しい。

そこで大容量のCFカードに換装する事にしたのだ。CFとMDは互換性があるから分解して交換し、PCと接続して、メーカーが提供している本体のファームウェア(プログラム)を最新のものに書き換えるだけだ。
MuvoFM2_02_R.jpg    MuvoFM2_01_R.jpg
交換作業は精密ドライバー1本で5分と掛かりませんでしたよ(^^)

5G_MD_R.jpg 取り出したMD

これで容量が大幅にアップしただけでなく、ハードディスクがフラッシュメモリになった事でモーター等の可動部分がなくなったから振動に強くなり、バッテリーの持ちが良くなった。音質もSN比が少し良くなった(ような気がする)。

10年以上前の話だけど東芝のリブレット70っていう小さいノートPCを使っていて、810メガのハードディスクを当時ノート用では一番大きい3ギガに換装した事がある。

この時は新しいのを取り付けたらマグネシウム合金の(アルミだったかな?)裏ブタが閉まらなくなってしまった。3ギガのは3ミリも厚かったためだ。ここで諦めるのが大人ってものだが、ほろ酔いの僕は裏ブタを金ノコでハードディスクの形に大きく切り抜いてしまった。目分量のフリーハンドでやった割にはうまくできたが、手に持つと剥き出しのハードディスクが手に触れて熱いし軽く感電する。まぁビニールシートを貼って解決したんだけど…

書きながら、「コロンブスの卵」「鳴かぬなら鳴かせてみしょうホトトギス」の2つの言葉が脳裏をよぎった(汗)。

えっ?血液型ですか? …O型ですけど……

2008年09月13日

アボカド

このところ新宿に通っているので、伊勢丹デパートの地下食品売り場に寄る事が多い。すごい品揃えで見るだけでも楽しい。今回は野菜を中心に見て回りアボカドを求めた。

アボカドはメキシコと中央アメリカ原産で樹高は25m程の大きさになる。5月頃に花が咲き、果実の収穫は11〜12月頃と図鑑で読んだ。森のバターといわれるその果実を初めて食べたのは二十歳を過ぎていたと思う。
アボカド_R.jpg

いまでは醤油をかけて食べたり、さっと茹でて冷ました甘エビとサラダにしたり、ウチではよく使う食材だ。

写真のアボカドは315円もする高級品!でその下段には189円(それでも高い!)のも売っていたんだけど、迷ったら高い方を買えという誰かの遺言を思い出したので、ドキドキしながらレジに向かった。

大変美味しゅうございました!なのでまた買いそうです。


2008年09月10日

今度はナシ

頂き物の話ばかりで恐縮なのだが、今度は親戚筋から立派なナシが届いた。秋はいいなぁ。

柿や栗もこれから美味しくなって、そろそろキノコ狩りにも行きたくなってくる。一子相伝というと大げさだけど、毎年ナメコがびっしり生える朽ち木とかナイショのポイントが結構あるのだ。

ビール醸造には欠かせない野生のホップを見つける事もある。ビールの香りと苦みはホップからきている。毬のような花はビールそのものといってもいい芳香を放つ。

この秋は行けそうにないが、次は松茸が送られてこないかなぁ…

2008年09月09日

固い桃

本日9月9日は菊の節句だ。桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)はバリバリ商業ベースな節句だから誰でも知ってると思う。もう一つ七草の節句(1月7日)を併せて五節句って昔習った。

だから名前に菊の字が入ってる人は9月9日生まれの可能性が高い(経験上)。

だけど今日の主役は「桃」。先日桃狩りに行った親が送ってくれたもので、大きくて味は良いが固いのでなかなか減らない。固い桃って結構好きだけど…このままではイタんでしまうと思い、コンポート(シロップ煮)にしてみた。水と砂糖を入れて煮るだけの超簡単レピシ、いやレシピだ。業界的にはピーレシかな?いまどき逆さ言葉で話すミュージシャンは絶滅危惧種なので大事にしなくちゃ!あっ自家製の梅酒も隠し味で加えてみた。

Momo_R.jpg

殺菌して瓶詰めすれば2年位はおいしく頂けるらしいけど、ウチではすぐに売れてしまいます。残暑の折、この冷たいデザートは格別ですよ。

2008年09月08日

コーンバター

先日、長野県の木曽に住む祖母からミョウガとトウモロコシが届いた。
大量のミョウガは刻んで生で食べる他に、味噌汁や甘酢漬けにしたりもする。昔から食べ過ぎると物忘れがひどくなるなんて言われているけど、子供の頃からずーっと食べ続けているからその効能(副作用か)は良くわからない。

都合の悪い事をさっさと忘れてしまうのはミョウガが効いているのかも知れないが…

トウモロコシは時間と共に糖度が下がるから、まずは急いで全部蒸して、そのまま食べたりコーンバターやサラダにして楽しんだ。

CornButter0452_R.jpg

つまみっていうより主食っていう感じのボリュームでした(^^)

2008年09月05日

手抜きピッツァ

突然思い立って大雑把なイタリア料理を爆速で作る事がある。

パスタの類は茹でながらソースを作れば20分掛からないがピッツァは生地を打つからそうはいかない。普段は円盤状に延ばした生地を冷凍庫にストックしているが、それも切らしてしまったときは代用品の出番なのである。
Potatopizza446_R.jpg

ジャガイモ2個を1,5ミリにスライスしてフライパンに敷き詰めて両面を軽くオリーブオイルで焼いたらトマトとチーズを乗せてオーブンに入れるだけ。

ビールやワインに合う、最近の定番なのです。

2008年09月01日

人面茄子

江戸川乱歩の短編小説で「人間椅子」っていうのを昔読んだが、本日のお題は「人面茄子」で行こうと思う。

この夏も野菜直売所を良く利用した。そこで作ったものを並べているので種類はスーパーに敵わないが安価でとれたてっていう所が魅力的だ。とうもろこし、オクラなんかは生でも大丈夫な感じだ。

スーパーに並ぶ前にハジかれちゃうような形のものがたまに混ざっているのはご愛敬で良いと思う。今回はこんな形の茄子に巡り会った。
Nasu01 449_R.jpg     Nasu02 450_R.jpg 目を入れてみました(汗)

食べ物にいたずらするんじゃない!と怒られそうだけど、この直後に麻婆茄子へと昇天されました。

昔、親戚の家にお盆を過ごしたとき茄子ときゅうりに割り箸を刺して足に見立てたものを見つけ、大変不気味なものに思ったので、食べ物で遊んじゃいけないんでしょ?と祖母に聞いた事を思い出した。前にも少し書いたけど、先祖があの世とこの世を行き来するための乗り物で、この世へ早く帰ってくるために足の速い馬(きゅうり)、ゆっくりあの世に戻ってもらうための牛(茄子)を用意するんだよと優しく教えてもらったのに、理屈っぽい少年時代の僕は、じゃあまずきゅうりの馬をあの世に送らなくちゃいけないね、なんて言って困らせたものだ。

3年前に墓参りを兼ねて訪ねたら、やっぱりこの馬と牛があってトウモロコシのヒゲを使って、たてがみと尻尾を作るなどしてパワーアップしていた。でもやっぱり不気味だ。あの世に思いを馳せながら制作したからこの牛馬風の野菜はあの世にも同時に存在するのだろうなぁと2匹を手に持ち考えていると、祖母も昔の事を思い出したのか、「お前は昔から変わってた、そういえば一人で山に行って変なキノコをたくさん採ってきて名前を付けたり…」あーはいはい、そうでしたね(^_^;)。

2008年08月31日

6年で一千倍

今日で8月も終わりだ。夏の思い出に新宿のドスパラで32ギガバイトのコンパクトフラッシュ(CF)カードを9980円で購入した(写真右)。このカード昨年までは3万以上していて、いつか1万を切ったら絶対買うと心に決めていたモノなのだ。
CF32G 455_R.jpg

写真左は6年前に1万円で買った32メガバイトのカードでザウルスでバリバリ現役。なんと6年ちょっとで容量が一千倍になった事になる。メモリやハードディスクの容量に関しては倍々ゲームなんてもんじゃない景気のよさだなぁ、なんて考えてしまう。

このカードを何に使うかという話はかなりマニアックな内容になりそうなので、後日報告致します。その道の方、どうぞお楽しみにm(_ _)m

2008年08月29日

由来

今月はブログの更新は控え目だったけど、普段と変わらず飲み食いしている。昨日は久しぶりに近所の焼き鳥屋「五鉄」に出掛け、友人くるみんさんの誕生日を祝した。テーマがあると普段以上に堂々と飲める気がする。

この店のトイレには和装の紳士の写真があって、隣接する同名のおでん屋にも同じ人の写真が飾られている。

先日、ご近所の同業者で盛り上がったとき有名ソプラノ歌手の友人が、あれは池波正太郎さんだよと教えてくれた。『鬼平犯科帳』によく出て来る「五鉄」といえば本所(墨田区両国あたり)の軍鶏鍋の店で美味しそうに描写されている。とすると店主は池波ファンか縁のある人なのかも知れない。店主に尋ねたら一発で分かりそうなものだが…

2008年08月27日

セミの声

幼少の頃、百科事典を眺めるのが好きで動植物の項はボロボロになるまで読んだものだ。

昨日のセミの話の続きになっちゃうけど、東京の町中でも数種類のセミの鳴き声を聞く事ができる。
「ジジジジー」と鳴くアブラゼミは油で揚げ物をするときの音を連想させるからというのがその和名の由来らしい。
2.5センチほどで可愛らしいニイニイゼミや、夕方「カナカナカナ」と鳴き始めるグリーンの羽が美しいヒグラシの声も好きだ。
クマゼミは南方系のセミなのに最近東京でもその「シャシャシャシャ…」という声が朝方たまに聞こえる事に気が付いた。

セミって成虫になってからの命が短いから、とってもはかない感じがするけど土の中にいる期間を考えたら昆虫としては長寿の方だ。
アブラゼミの成虫は1週間って昔習ったけど実は1ヶ月生きるらしい。
昨年アメリカ中部で大発生した17年ゼミはその名の通り17年生きるし(ほとんど地中だけど)、17年に一度大発生するっていうのも興味深い。13年ゼミっていうのもいる。

新潟の実家にいた頃は、アブラゼミがまだ鳴いてるうちからコオロギやウマオイ、クツワムシなんかが鳴き始めて、さらに深夜までカエルの大合唱を聞かされていたわけで、夏休みの宿題に追われるこの時期は「虫やカエルがうるさくて勉強できないよー」なんてぼやいて外に涼みに出たりしたいた。

夕涼みといえばホタルがつきものだった(夏休みに入る頃にはいなくなるが)。残念ながら実家の方でも激減してしまったらしい。成虫のイメージと裏腹に幼虫は結構こわい感じで川の巻き貝を食べている。ホタルは体内の発光細胞で発光物質のルシフェリンがルシフェラーゼという酵素の作用で酸化するときに発光するのだが、その冷たい光の明滅が幻想的で忘れられない。ところで発光物質ルシフェリンてラテン語のルシファー(光を帯びたもの)から来てるんだろうなぁ。キリスト教ではサタンの別名といわれて…

横道にそれすぎましたので本日はこの辺で!……<(_ _)>

2008年08月26日

ミンミンゼミ

全くスポーツをしないので、マンションではエレベーターをなるべく使わないようにしている。

このごろは早朝からミンミンゼミが近くで鳴いていて注目していたが、今日は鳴かなかった。出掛けるときマンションの階段で裏返った大きなミンミンゼミを発見した。ひっくり返したらゆっくり歩き出した。お疲れ様、いい声だったよ!と声を掛けた。

小さな体からあの音量はすごいよなぁ、しくみは違うけどなにか発声のヒントがあったりして…