2008年11月20日

トロンボーンな夜

福岡市内の赤坂駅すぐのライブハウス「バックステージ」で知人のトロンボーン奏者4人を中心としたライブがあった。

仕事の後、腹ごしらえに寿司を軽くつまみ、勿論ビールを飲んでゴキゲンで出かけた。ゲストの女性ボーカルは東京でも時々ご一緒させて頂いている日野しおんさんと、ちぃともさん。素敵でしたよー。オトナーって感じハートたち(複数ハート)

メンバーの中村さんのアレンジはとっても楽しくて次回は僕にも歌わせてっていうより、吹かせてっ!ていう気持ちになった。

ステージ上のミュージシャンはみんな風邪ひきで、MCをつとめたピョン吉さんはかわいそうなぐらい面白かった。実は今月、ピョン吉師匠から楽器を借りて空き時間密かに練習している。あー上達しちゃいそう(^_^;)

またまた屋台「大政」で軽く食べて、なぜかカラオケに行く流れに…
気がついたら2時をまわっていました。キョーレツー(^_-)

2008年11月12日

ホッと一息

あわただしい2日間の東京での仕事を無事に終え、平和なルーティンワークの日常に戻った。

今日は自炊します。

2008年11月08日

最終便で

2回公演の後、劇場を飛び出し福岡空港へ急いだ。21時30分のJALの最終便に何とか間に合い、12時過ぎに自宅に帰り着いた。3週間ぶり!

博多のマンションに体が慣れていたためか、風呂場の蛇口に膝をぶつけてしまった。自分ちなのに…イテテテ

2008年11月07日

屋台デビュー

博多に滞在して10日以上経つのにまだ大好きな屋台「大政」に顔を出していなかった。普段よりずっと規則正しい生活でしかも自由になる時間が多いから部屋でできる仕事をたくさん持ち込んだ事と、博多に入る前の忙しさから疲れがでていたっていうのがあったかも知れない。

なので今宵は一人でそーっと行ってみようと思っていたら、大相撲九州場所の取材に来ている新聞記者の知人から「いさむちゃーん、博多に居て大政に一度も来てないんだって?今すぐ来なさーい。」という電話があってめでたくデビューのはこびとなった。

空腹だったので、いきなりステーキ、おでん、月日貝バター焼きを頼んだ。

そして歌が好きな人が多くて、カラオケに行く事になってしまった。明日は最終の飛行機で東京に帰って明後日の昼にコンサートで歌う予定だから、マンションに帰って譜面を見直したり、声は出せなくてもイメージトレーニング位はしたいと思っていたが飲むうちに元気が出てきてクリスマスソングやらフランク永井さん特集やら、けっこう歌ってしまった。

反省!

2008年11月06日

手力(てぢから)?

このところ仕事の空き時間にパソコンの悩みを抱えた先輩方の悩みを聞く事が多い。

今日はハードディスクのバックアップをとった。他にも分解してドライブを換奘、メモリの増設なんていうちょっとした作業でみんな幸せになれる。ソフトの使い方やちょっとしたコツを教えて喜んで貰える事もある。

たまにそれは無理でしょーっていう難題を持ち込まれる事もある。最近は少なくなったが、以前はある一点が青く点灯したままだったり、光らない点があったり(ドット抜け)する液晶モニタがたまにあった。ある日、いさむちゃんこれ直せない?っていいながら、ど真ん中に青い点が光りっぱなしのノートパソコンを持ち込まれた。

人前でするのは初めてだったが実は前にも3台直してる。

やり方は簡単だ。右手の人差し指に気を込めて優しく強く画面を押すだけだ。このとき絶対に直る、いや既に直っていると念じる事が肝要…ってちょっとオカルトチックだけど、たぶん内部の配線の微妙な部分の接触が改善するのだろう。顕微鏡レベルのプリント配線だけどね。

このときも僕が指を離すと同時に直っていたので拍手と喚声が上がった。手を合わせて祈る人、芋焼酎をお布施する人まで現れた(笑)。




2008年11月03日

僕は好きです!

博多で去年から仕事を手伝って貰っている若手のテノール歌手をねぎらうために宴会を開いた。といっても男3人の硬派な集まりだ。

5時に集合したが博多天神の目当ての店は6時オープンだったから、他の店で乾杯する事にした。ここも前に使った事があり手頃な値段で楽しめるイイ店なのだが、ちょっとした事件が…

昨年一緒に飲んだとき知ったのだが、彼はキュウリが大の苦手だ。だから優しい僕たちはいい店があるからそこでキュウリでも食べようなんて冗談を言っていたら、席についてまず運ばれたのがこの写真。
Torizen_R.jpgお通し200円

大笑いして和んだけど、彼はちょっと引きつっていたなぁ。もちろん仕込みじゃありませんよ。

1時間で2軒目に移動して最後はラーメンで〆ました。

2008年11月02日

観覧車

名古屋を後にして1週間経った。名古屋の人は観覧車が好きであちこちにあるらしい。
081024-Nagoya kanran1.jpg    081024-Nagoya kanran2.jpg


散歩中に2つ見つけました。

2008年10月31日

快適

この時期、薄手の半袖アロハシャツで仕事場に行くと、多くの人から寒くないの?と言われる。相手により、はいorジャケットを忘れまして(汗)orうるせぇ(笑)、などと回答させて頂いている。

自分なりに快適だからこの格好なのであって、上着が買えないわけではない。ジャケットを羽織って出かけても歩き出して体温が上昇するとすぐに脱いでしまい、あとは帰宅するまでお荷物になってしまう。だから夜の気温が10℃以下になるまでは半袖って決まっている。

明日から11月に入り、半袖へのバッシングが多くなる。気温15℃もあるのに襟に動物の毛皮をあしらったようなダウンのベストを来た人には反対に「暑くないの?」と尋ねたくなる。

冬用のジャケット、いろいろ持っているのに出番が少なくて不憫だ。昨年5℃の日に買ったばかりのダウンジャケットを着て出かけ、大汗をかきながら帰宅した事もあった。だからダウンの出番は0℃以下って決まった。

来月20日頃までが一番すごしやすい気候で、小雨が降ってちょっとひんやりってのもまたおかしってところなのです。

2008年10月29日

すべすべに…

自炊をしようと食材を買いに走ったものの、空腹過ぎて辛くなってきたのでラーメントキハに寄ってしまった。470円。博多ラーメンにしてはあっさりした優しいスープで飲み干してしまう。濃いのが好きな人は物足りないらしいが僕は好き。夕方5時の朝食にはちょうどいい感じだ。
Tokiwa02_R.jpg2年前の写真… Tokiwa01_R.jpg夜は居酒屋に
これで落ち着いてカレーを作れるぞー、なんて余裕のこころで料理していたら突然ほっぺがすべすべになっている事に気がついた。トキハで食べるといつもこうなる。コラーゲンが多いのかな。すべすべにならない博多ラーメンもある。

おじさんの肌なんてどうでもいいんですけど、もしかしたら声にも効くかもなんてね(^_^;)

2008年10月27日

連夜の…

1週間滞在した名古屋を後にして、ひとり大阪に向かった。昨夜は大宴会だったので眠いし荷物がオ・モ・イ!。テノールの永井君、3次会まで引っ張ってくれて本当にありがとう(号泣)。

新大阪で東京から来た演歌の大御所バンド様ご一行と合流してちょっとホッとする。終演後は最終の新幹線のぞみで博多へ移動。深夜1時近くから居酒屋「やまちゃん」で博多っぽいつまみで飲むうちに元気が出てきた。シメは当然博多ラーメンで。

明日も朝ツライよー!

2008年10月24日

名古屋のワインバー

仕事の後、仲間4人で「ローマ3丁目」(住所は錦3丁目。名古屋で錦といえば東京の歌舞伎町、札幌のすすきののような繁華街!)というワインバーに繰り出した。金曜の午後7時半という時間なので予約していった。この店は雑誌で前から知っていて次回名古屋にいったら寄ってみようと思っていたところだ。

081024-Roma3.jpg1階はあかひげ薬店 P100Tennai.JPG

2階の店に入ると炭火で肉を焼くいいにおいがする。生ハムの原木が数種類とワイン棚が目に飛び込んで来た。生ビールを飲みながらワインと料理のオーダーを考える。

生ハム盛り合わせ、鴨スモーク、季節野菜のエテュヴェ(煮込みって書いてあるけどまるでピクルス盛り合わせのようだった)、ムール貝のワイン蒸し、蝦夷鹿のカルパッチョ、ギアラ(赤センマイ)とキャベツの煮込み、トリッパと白インゲン豆の煮込み、イタリア風おでん等々で5千円台のイタリアワインを3本空けた。

P100Vino01.JPG    P100Vino02.JPG

ギアラとトリッパは気に入った。炭火焼きまで辿り着けなかったのは残念。料金は高いワインを飲まなければ1人7−8千円で余裕。昔はずいぶん飲んだバローロやバルバレスコは1万円以上するみたい。フランスやチリの手頃な赤ワインも選べたら良いのになぁと思うけどイタリアンだから仕方ないのかな。深夜というか朝5時までやってるらしいから次回は遅い時間にゆっくり来てみたい。

写真を提供して下さった「不規則正しい生活のantschang」さん、感謝しますm(_ _)m

2008年10月22日

共感力

20日から名古屋は中日劇場っていうところで仕事をしている。場所は名古屋のど真ん中といってもいいところでしかも中日ビルってぇ位だから、野球が佳境の今時は1階のロビーの大画面テレビの前に特設応援スペースが作られて球場にいるみたいに盛り上がっている。

僕は人と共感する能力が少ないようで、子供の頃から運動会、文化祭、学園祭が苦手でだったし、今でも贔屓の球団が無いどころかスポーツ全般分からないけど、ロビーにいる大勢の人たちがすごく楽しそうで真剣な様子を見ると、何だか仲間に入ったら楽しそうだなぁなんて気持ちになった。

2008年10月21日

静かな

名古屋には独特の食文化があって面白い。浅学な拙者は…なんて回りくどい話はやめて、とにかく鰻を食べてきた。

名古屋の街中には鰻屋が多い。有名店の名前は幾つか知っているが、ここは行っとかにゃーって言われてた「イチビキ」に閉店間際に男4人で入った。
Ichibiki_R.jpg    To-fu_R.jpg冷や奴は勿論赤味噌で!

早速ビールとちょっとしたつまみ、それから鰻丼を注文した。他の3人はイカエビ天丼を選んだ。名古屋の鰻は関東のように蒸さないからもちもちぷるんとした食感だった。蒸したの蒸さないのも両方大好きだ。
Unadon_R.jpg    Ebiika_R.jpg

天丼もすごいボリュームでこのあと栄の居酒屋で無理矢理2次会に突入するも満腹の為ビールも進まず、もろきゅうや冷やしトマトを粛々と食べて終了した。全員歌い手とは思えぬほど静かな宴会だった。名古屋のテノール歌手の宮崎君、ごめん。

2008年10月19日

プチ試練…続き

神戸の会場の楽屋に120個の美味しい豚まんを携えて長瀬君が遊びに来てくれた。彼の本業は小道具さんだが、友人ブログ「きんちゃんの大冒険」の宴会シーンには欠かせない主役級のキャラである。次回は博多で会いましょう!

終了後、一行は東京へ。僕は次の仕事場、名古屋で新幹線を降りた。

深夜に3990円の激安ビジネスホテルに着いた。部屋は実に狭いがサービスは充実していた。ロビーのドリンク自動販売機が無料で飲み放題だったし、お菓子コーナーは楽しかった。連泊するのはつらそうだけど数時間の滞在だから平気です。でも先日のうなぎ弁当より安いなんてちょっと複雑…

予告通り筋肉痛になりました(^^;)

2008年10月18日

プチ試練

昨夜は深夜1時近くにご機嫌で帰宅して3時に少し横になったと思ったら無情にも4時にアラームが鳴った。まだ酔ってる。二日酔いじゃなくて立派な本酔いだ。

旅支度を確認し3個で合計40キロ近い荷物を持って品川始発6時ちょうどの「のぞみ」に乗り込んだ。自宅からは東京駅が近いんだけど品川始発の方が6分早い8時19分に新大阪に着けるから仕方のない選択だった。

大阪駅前のシティホテルで演歌の大御所のリハーサルが8時半にスタートする予定だったから一行は前日に大阪入りして十分に大阪の空気に馴染んでいた。

結局15分遅れて会場に到着し、すみません、ごめんなさいを連呼しつつペコペコ頭を下げながらステージに上った。今日は朝から大汗をかいてしまった。おまけに荷物のおかげで腕が痺れている。筋肉痛になりそうな予感。

汗がひいて、演歌のブラスセクションが心地よく響いてくるとお約束の睡魔が団体で現れた。

終了後は神戸にバス移動し、ホテル前の居酒屋で小一時間過ごした。ネーミングに惹かれ「ずりポン」「かわポン」を頼んだが前者は茹でた砂肝にポン酢、後者は揚げた鶏皮にポン酢で思った通りでちょっとがっかりした。

2008年10月13日

またですか…

仕事の後、ちょっとした電子部品を買いにアキバへ出かけた。

うなぎが食べたい気分だったので例によって神田「きくかわ」で弁当を作ってもらった。2匹使った一番大きい弁当は最高で、また明日食べてもいいなと思う。って前にも同じ事書いたかな?

Kikukawa_R.jpg

2008年10月12日

今日は演歌で 演歌でホッと

大御所のバックコーラスで栃木県の佐野にドライブ。ストイックな稽古が続いたのでなんだかホッとする一日。

もちろん頑張って歌って、くたくたになって帰りましたよー。

2008年10月05日

気合いで…

なんだか風邪気味でやる気が起きない。

焼き鳥の五鉄で気合いを入れようという事になり、雨の中歩いて軽く飲みに行ってきた。

飲んでる時は元気が出たような気がしたのに、帰ったらぐったりでした。

仕方ありませんね<(_ _)>

2008年10月02日

ワインバー再び

夕方知人の息子さんにボイストレーニングをした後、八丁堀のワインバーを再訪した。

前回、とってもBGMが大きいと書いたのは2階のバーの事で、今回は3階のビストロを予約しておいた。ちなみに1階は酒屋というかワインショップで立ち飲みコーナーが賑やかだ。

料理はどれも本格的で、目の前で切ってくれる生ハムや炭火焼きも本格だ。ビールも状態が良く、リーデルのグラスに注いでくれる。

ここにはワインリストはなく、給仕さんと相談かワイン棚から好きなものを選ぶ方式なので最初はお任せで、2本目は指名?した。

ワイン棚から離れた席だったが、一番奥の棚の下から2段目にある勝沼産のワインを2種類持ってきて下さい。と言ったらオネーさんは驚いたように、「お客様、あのワインのラベルがここから見えるんですか?」と言った。

しかり。でも目の前の貴女の顔はソフトフォーカスだよー(涙)

2008年10月01日

最後の一葉

昨日、新宿コマ劇場での1ヶ月公演の仕事が終了した。

2回公演の空き時間に歌舞伎町で何を食べるかというのは悩みの種というか楽しみだった。大抵のファーストフードやチェーン展開の食堂が勢揃いした街だが、通は立ち食いの「後楽」、コマ1階の「コマそば」とフライ「峰」は外せない。

そしてバリエーションでうどんの「つるとんたん」や「福しん」、更に丈夫な人にはラーメン「二郎」「天下一品」もある。

今回は「後楽」のラーメンと「峰」のフライを何度か食べた。すごく美味しい店じゃないんだけど、灯りに飛び込む羽虫のように歌舞伎町の男たちは油の蒸気に惹き付けられる。12月にコマと一緒に閉店してしまうのは残念だ。
aji&_R.jpgアジフライ&チキンカツ katudon_R.jpg

ご飯のおかわりが無料でカツカレーやカツ丼を頼むとご飯の量をどうするか尋ねてくれるが軽い気持ちで大盛り!なんていうと後悔する事になる。グルマンなご常連には「カツ丼の別れ!」というなんとも演歌チックな注文方法がある。なんの事はないカツの卵とじとご飯がセパレートで出てくるだけだが、その気になればご飯を何杯でもお代わりできる。
syouga_R.jpg
昨日分解した携帯の続き…壊れる前に撮った最後の写真はフライ「峰」のショウガ焼きでした。合掌!