2008年04月20日

蜘蛛の糸

前回は、「こんな夢を見た。」で始まる夏目漱石の夢十夜の第一話を朗読してみました。当然、第二話以降を続けなければとは思っていますが、ちょっと気分を変えて今日は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読んでみました。

10分30秒でデータ量は7メガです。






この記事へのコメント
私が初めて接した文学作品です。ちょうど40年前、小学校の先生が読んでくれたのでした。
子供心に衝撃を受けたものです。今、あらためて聴いても、同じ気持ちになりました。
Posted by 千葉の齋藤 at 2008年04月20日 07:07
いいですね!
独特の文学と声の世界に入り込みました。
前回のは知らなかったけど、これってブログのためだけに録音したの?
Posted by 感激屋店主 at 2008年04月20日 12:24
齋藤さん、僕は坊ちゃんを読もうとして結局投げ出してしまったのは7歳の頃です。腎炎で学校を休み療養中の話です。

店主さん、ブログのためだけに録音しましたよ。酔狂って事ですね(^_-)
Posted by ユーちゃん at 2008年04月21日 02:41
そのブログのためだけに朗読されたものを聞けること幸せです。
Posted by まっする at 2008年04月24日 01:09
こちらこそお付き合い頂いて本当に幸せです。
Posted by ユーちゃん at 2008年04月24日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック