2008年03月19日

六本木激安ランチ

六本木でランチタイムに仕事が終わったので、マネージャーと他のミュージシャン2人の計4人で中国茶房8(エイト)っていう激安北京ダックが売りのお店に入った。以前は夜に北京ダックを食べに来た事があった。その時は数十種の水餃子があって一皿百円の値段に驚いた。今回はランチメニューで更にお得な感じ。

この時勢だから食材の産地を詳細に記した紙が貼り出されていた。大変だなぁ。

店内は中国情緒にあふれ…というかどこかの秘宝館に迷い込んだような異空間で、とても写真を載せられないオブジェが多数あり、極め付きの一対の象徴が店の中心に鎮座している。しかもそれには電飾が施されていて女性客が指さして笑っていたが、これ以上の描写は自粛します。

550円の骨付き鴨肉(って半分以上骨だが)のランチはご飯とデザート(杏仁豆腐とタピオカミルク)、コーヒーがセルフでお代わりし放題だった。肉が食べきれず少し残した。
China8_R.jpg店内は薄暗い

それにしても4人で中華なんだから4種類注文してシェアすればいいのに3人が同じモノを頼んで残した。さっきの打ち合わせは何だったの?と軽く愚痴を言ってみる(-_-)

自分がどこにいるのか分からなくなる不思議な空間から外に出ると、多分さっきと同じ六本木ヒルズが目の前に現れて、少しホッとした。

夕方予報通りに降り出してどしゃ降りの中を歩いて戻った。ぐっすん。




この記事へのコメント
安い北京ダックの味はいかがだったですか?
秘宝館とはなつかしい響き・・この前、宮崎の方に行ったときに陰陽石のある場所に行きましたが、廃屋になった秘宝館がひっそりとたたずんでいました・・感慨にふけってしまったきおくが・・・(^_^;)
どんなものだったか是非ご描写いただきたいです(^o^)。
Posted by まっする at 2008年03月20日 17:06
いちおう中国茶房8、六本木店のHPを貼っておきます。
http://www.cceight.com/jp-stoar.html
ページの下部に3葉の写真がありますが、さすがに画像処理が施されています。
実物はあまりにあっけらかんとしていて、清々しささえ感じます(^_^;)。
Posted by ユーちゃん at 2008年03月21日 02:10
確かに意味が分かりました。ありがとうございます(*^_^*)
Posted by まっする at 2008年03月22日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90170728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック