2007年10月17日

奮発モード♪

羽田から神谷町のスタジオに直行するつもりでいたが、少し時間があったので秋葉原に寄った。一昨日ダメになったPCのマザーボードの交換部品を買うためだ。

旅帰りの大荷物で千石電商にいき電解コンデンサ4個を購入した。昇天したのは2個だけど、他の部分に同じ部品が使われているから念のため交換する。60円のでOKなのに100円の部品を奮発した。あっ、ついでにDVD-Rを50枚とラオックスで電子チューナーを買った。

これはファルセットでひとりアカペラの多重録音をして遊ぶ(仕事の場合もあります)ときの必需品だ。高音域で同じパートをダブらせるときはセント単位(半音=100セント)で音程を絞り込む必要がある。僕の場合、体調によって音程の感じ方が微妙に違うし、朝と夜でも思った音と出た音が10セント程、ずれている事がある。(これにはちゃんと理由があるけど旅帰りで長文を書く根性がないので今日はスルーします。)全ての音をジャストに合わせたら平均率になってしまい、これはウマくないが、少なくともそのキーの主音は合わせたい。低い音ほど低めに歌いたくなるとか癖も分かる事がある。バッハの無伴奏チェロ組曲をスキャットで歌う練習をするときも必ず使うし、慣れた曲をすごくゆっくり1音ずつチューナーで確認しながら歌ってみればプロでもあまりの音程のいい加減さに愕然とするという事もあるかも知れない。
これは音程に関しては自分で練習する時のごく一面を述べただけで、アンサンブルやバンドと歌う場合は他にもたくさん気を付けなければならない事がある。長いモノには巻かれろ的な音程感や、宴会場の手配なんかも…大切!

このようにチューナーはいつも持ち歩いて酷使してるから3年でダメになる。今度のコはケースに入れてあげよう!でも剥き出しで放り込んでる携帯とデジカメから僻まれそうな気もする(^^;)愛機W-zero-3も液晶の保護シートなんてもちろん貼ってない(愛機と呼べるのか?)。

スタジオではCMソングをコーラスワークからソロまで、楽しくそして緻密に録音した。放送が楽しみ。

ところで今朝、富山のホテルのフロントに貼ってあるポスターが気になったので撮って見ました。売り物って事を考慮したので(汗)ボケてるけど、「方言番付」ですね。100円です。この画像から分かるだけでも結構笑えますね。実家から海岸線を70キロ離れただけなのに全然わかりません。結局これは買わないで「鱒寿司」のちょっと高いのをこれも「奮発」しました。
富山方言_R.jpg

これからツマみます。



この記事へのコメント
歌でもチューナー使うのですね。(もしかしてジミーの持っている音出し用のあれ・・じゃわかんないっすよね(*^_^*)・・?)
チューナーというとギター用の音を鳴らすと針が振れるあの類しか認識していないもので、自分がとても無知なのかもしれませんが、こんな質問してすみません。m(_ _)m 色んな種類が在りそうですね。
Posted by まっする at 2007年10月18日 00:56
練習の時にしか使いませんけど、KORGのCA-40を買いました。モロ楽器用です。
Posted by ユーちゃん at 2007年10月18日 02:03
アキバの何ていう店か忘れたけどミニカー
専門店で愛車を探したら「知らないなぁ〜国産車に、そんな車あんの?」とか言われちゃって地元のトイざ○ス行ったら見事に
発見できたって事も有りましたよ
Posted by かいはは at 2007年10月18日 10:49
キントン成田さん確か富山ご出身ですよね〜方言とか話されるのかな?
Posted by かいはは at 2007年11月03日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61161736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック