2007年07月31日

フジロック報告♪ その2

The Kingtones with Jimmy and the Vividsとして参加したフジロックフェスティバル2007だが「Jimmy and the Vivids」(以下Vivids)についても書いてみたい。

リーダー内田の弟子で鹿児島を中心に活動中のジミー入枝(いりえだ)とキングトーンズのメンバーのユタカと僕の3人で結成したVividsだがフィールドオブヘブンで3曲を演奏した。

まずはデビューミニアルバムに収録の「Boogie-Woogie Train」で、この曲は鹿児島と横浜でカラオケを使用してライブで歌っているので、慣れてきた感じだった。僕がファルセットでコーラスをしている部分もあるからライブ用にコーラスアレンジを書き直そうと思った。

2曲目は僕がリードの「オンリーユー」。こちらはスローなオリジナルとはガラッと変わったアレンジでキーも最低です。ステージで歌うのは初めてだったから少し緊張したかも。先週録音が終わったばかりの1stフルアルバム(10月発売予定!)に入ってます。

3曲目も1stフルアルバムに入れた「On the wave〜伝説を作ろう〜」でジミーとユタカがリードを交互に歌うノリノリの曲。

ジミーとユタカはそれぞれの拠点に戻ったが、Vividsは秋口にライブをやる方向で連絡を密にする。ブロードバンドのおかげでSKYPE(スカイプっていうネット経由の無料テレビ電話)で顔を見ながら打ち合わせする事だってできちゃうし、音資料のやりとりも楽勝だ。




この記事へのコメント
それにしても内田さんとジミーさんて何で
あんなに御顔が似ておいでなのでしょう?
お二人は前世で親子だったのでは、と思う
程です。ライブ映像を拝見してて何だか
魔法にかかったような気がしています
Posted by かいはは at 2007年08月04日 13:58
そういわれれば内田の若い頃の似顔絵にジミー似ているかも?と思った事がありました。
Posted by ユーちゃん at 2007年08月04日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック