2007年07月21日

クラシックで気分転換

長時間スタジオやコンサートで歌った日は、(地方で泊まりの時は飲みに行ったりするが、自宅に帰れる時は)気分転換と調子を整える意味で、その日の仕事とは全くジャンル違いのものを軽く歌う事にしている(体力が残っていた場合ですけど)。

今日はこんなの歌ってみました。


この曲はバッハの無伴奏チェロ組曲中の「プレリュード」という最初の曲です。全部演奏すると2時間かかるし、まだ半分しか覚えていません。2年前から軽い発声のメソッドとして使っています。フルート、ホルン、サックスなどさまざまな楽器で演奏されているけど、僕は原調(バロックピッチで約半音低いけど多くのチェリストが採用している)で歌うことにこだわっています。よれよれになって帰宅後の声で恐縮ですが、ほんのサワリだけ貼ってみました。

あとは仕上げにビールでノドを消毒するだけです!

自宅のブースで録ってリバーブをかなりかけているけど、自然のエコーがかかる広い場所で歌ってみたいなぁ、なんて思ったりします。
ドゥーワップは本日はお休みしました(^_^;)




この記事へのコメント
この楽曲を2時間もですか・・・・・凄い。
それも半分は覚えていらっしゃるとのことで。   
高低の繰り返しが大変そうですが、発声練習には最適だとかんじます。
Posted by まっする at 2007年07月23日 09:26
このプレリュードは3分の曲なんですがエンディング部分に高い「ソ」の音が多発して、ここでファルセットを使うのが技術的なヤマです。
今回はちょっと音質も悪いのでもう少し上達したら後半も貼ってみます(^_^;)
Posted by ユーちゃん at 2007年07月23日 12:39
昨日、リドリースコット監督映画”誰かに見られてる”の中でこの曲をチェロだと思うのですが使っていました。またまた偶然でした。
Posted by まっする at 2007年07月24日 15:54
おおっ、そうなんですか。CMや色々なBGMでは良く耳にしますが…映画見てみようかな。
Posted by ユーちゃん at 2007年07月25日 03:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48796350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック