2009年04月13日

How great thou art(low voice by Isamu)

このところ酒場放浪記みたいになっていたので少し反省し音ネタを貼ってみます。これからも音楽(系!)ブログということでよろしくお願い致します。

How great thou art(輝く日を仰ぐとき 聖歌 480番)っていう賛美歌がありまして、これはAmazing graceと同じくらいアメリカでは愛されている曲です。



数年前まで世界最低音歌手としてギネス公認だった J D サムナーがプレスリーと競演して低いシのフラットを出していたのを思い出し、同じキーで歌ってみました。最初は生意気にも更に短三度(半音3個分)低く録音してみたんですけど、低音はキマったのにコワーイ感じの音楽になってしまいました。なのでサムナーと同じキーでアップします。



この記事へのコメント
素敵なお声を聴かせていただきありがとうございます。You TubeでみたStatesmenのBig Chiefのと同じくらい感動しました。ところで、エルヴィスは何年もこの曲をライブで歌っているんですが、もしエルヴィスオンツアーの1972年のであれば、JDと後にoak ridge boysに入るRichard Sterbanと二人バスがいる珍しい構成になっています。彼の声も魅力的ですよ。
Posted by lt050043 at 2009年04月14日 01:15
身に余るお言葉、恐縮しております。Big Chiefも憧れです。この曲はいずれどこかできちんと歌ってみたいと思いました。

エルヴィスオンツアーの1972年も聴いてみます。ありがとうございました。
Posted by ユーちゃん at 2009年04月14日 02:55
十分低いです(^_^;) 短三度も後落としたらホラーのBGMに使えるかもしれませんよ。
僕はJDサムナーの出るyoutubeで”turn your radio on"が面白かったといか驚かされました
Posted by まっする at 2009年04月14日 16:39
やっぱ凄い低音だね。お見事です!
Posted by しん at 2009年04月14日 18:52
おそれいります。<(_ _)>
Posted by ユーちゃん at 2009年04月16日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117422338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック